【一眼レフ初心者講座】カメラの基本!露出補正でオーバーもアンダーも自由自在。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

さて、これまでシャッタースピードや絞り、そしてISO感度などで露出の調整方法を説明してきましたが、今回は露出補正という機能での写真の明るさの調整の仕方を紹介していきます!

カメラの中の露出計が明るさを判断している。

デジタルカメラで写真を撮るときに、カメラのモードをオートにしておけば大抵は奇麗に撮れますよね?それを可能にしているのが、露出計というものです。露出計とは、簡単にいうと被写体の適正の明るさを計算してくれる便利な装置のことです。大抵のデジタルカメラの中には露出計が内蔵されており、カメラはその露出計を通して適正の明るさを計算し、自動でシャッタースピードと絞りを設定してくれます。もしこの露出計が発明されていなければ、ここまで簡単に写真を撮ることはできなかったでしょう。

常に露出計が正しいとは限らない。

しかし、そんな便利な露出計ですが、常に正しいというわけではないのが正直なところです。例えば、雪化粧の風景を撮ろうとすると、カメラはその景色を見たときに、明るすぎると判断して露出を低めに設定してしまう傾向があります。また反対に、黒いものを撮ろうとすると、暗すぎると判断して露出を明るめに設定することがあります。
また作品撮影の場合、作品によっては、この写真はあえて明るめにふんわりと撮りたい、もしくは暗めにして締まった雰囲気にしたいなどの、自分にとってのその時々の適正露出があるかと思いまが、そんな人の心を機械のカメラが汲み取ってくれるはずがありません。ですので、「明るすぎる」または「暗すぎる」と感じた場合、自分で明るさを調整する必要があるのです。それを可能にするのが露出補正という機能になります。

露出補正の設定の仕方とプラス補正した時の注意点。

大抵のデジタル一眼レフの場合、カメラに±の表記がありますが、そこで露出を補正していきます。見た目の通り、+方向にずらせば明るく、−方向にずらせば暗くなっていきます。

12718391_1050086525062740_3862404117603207377_n

ここで一つ注意したいのが、露出補正をした時のカメラの設定です。露出補正と行っても、+に設定したからといって、勝手に写真が明るくなるわけでありません。明るくなるということはつまり、シャッタースピードが遅くなったり絞りが開放状態になりボケやすくなっていることが考えられます。ですので、+補正した場合は特に、ブレやボケに気をつけることが大切です。
露出補正は±それぞれ一段変えた場合、露出も一段変化します。一段変化するということは、光の量が倍になるということです。ですので、適正露出がシャッタースピード1/125の時に一段上げた場合は1/60の明るさとなり、一段下げた場合は1/250の明るさになります。

ちなみに、露出補正する場合はシャッタースピード優先モードよりも絞り優先モードで撮影することをお勧めします。なぜならば、絞りよりもシャッタースピードの方が調整できる幅が広いからです。例えば、シャッタースピード優先モードで適正露出が1/125、F5.6の時に、使っているレンズの最大開放値がF4だった場合、これ以上露出をプラスに補正しようとしても、一段分すらも明るく調整することができません。一方絞り優先モードで同じ条件だったとしても、シャッタースピードの変動幅は二段分以上あるので、絞りに比べて明るさを調整できる余地が広いのです。

適正露出だけではない、自分だけの明るい暗い写真を撮ってみよう!

露出をオーバーに気味にして撮影。

露出をオーバーに気味にして撮影。

露出アンダーで撮影。

露出アンダーで撮影。

上でも書いているように、カメラには露出計が付いているため、大抵の場合はオートに設定しておけば誰でも適正の露出でキレイな写真を撮ることができます。しかし、それだけでは人の目に止まるような素晴らしい写真を撮ることはできません。いい写真を撮るためには、人とは違った視点で写真を撮ることがとても大事です。まずはこの露出補正をマスターして、自分にしか表現できない露出や光の表現を研究することが、写真の次なるステージへの第一歩になるはずです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

*