美しい逆光写真の撮り方。逆光を避けずに積極的に狙ってみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
フレアを使ったふんわり写真

逆光の時に写真を撮ると、顔が影になって暗い写真になりますよね。今日はそんな逆光で困った時の対策方法を紹介していきます!

逆光対策の基本はフラッシュを焚く、だけど…

逆光で茶碗が暗い写真

逆光で茶碗が暗い写真

逆光対策の基本はやはりフラッシュを炊いて撮影することです。フラッシュをたけば、暗くなった部分を光で照らすことができるため明るい写真が撮ることができます。ただしこのフラッシュを焚くという方法は暗い部分を明るくするという点においては有効ですが、美しい写真を撮るという点においては正直あまりうまくいきません。下の写真をご覧ください。

普通にフラッシュをたいて撮影するとこんな風に汚い写真になる。

普通にフラッシュをたいて撮影するとこんな風に汚い写真になる。

フラッシュで明るくはなりましたが、あまり綺麗ではありませんね。もちろんフラッシュを使って綺麗に撮るテクニックもありますが、それにはそれなりの機材とテクニックが必要になるためここでは割愛させていただいて、もっと誰でも簡単にできる対策を書いていきます。

露出補正で明るく設定する

逆光でも綺麗に写真を撮るためには、まず逆光で暗くなっている部分を明るく撮れるように露出をプラスに設定する必要があります。
最近のデジカメならどんな機種でもついている機能ですが、カメラの中の「+/−」、もしくは「露出補正」というボタンを探します。機種によっては「設定」などの項目の中にある場合もあるので、探してみましょう。「露出補正」を開いたら下の画像のような表示が出てくるので、プラス方向に設定してあげましょう。ちなみに設定を+1にすると露出は一段上がります。簡単に言うと光の量が2倍に明るくなるということです。−方向も同様に、1目盛で光の量が半分になり、暗くなります。機種によってはもっと細かく調整できるので、自分の好みの明るさまで調整してみましょう。

12718391_1050086525062740_3862404117603207377_n

露出補正+1.5

露出補正+1.5

露出補正の仕方で表現が変わる

逆光を補正する時には大きく分けて2パターンの表現の仕方があります。一つはメインとなる被写体が適正露出になるまで明るさをあげる方法、それから適正露出までは上げずに被写体の影を少し明るく起こす程度の露出に抑えて補正する方法です。どちらが正解でどちらが間違いということはないのですが、自分がどんな表現をしたいのかによって適した露出は変わります。

例えば先ほどの茶碗の写真などは適正露出は出ていませんが、少し影が残ることで逆に生活感が出た雰囲気のある写真になっています。
一方で下の写真は、花の顔が適正露出になるまで明るさを上げたことで、後ろの光の部分が飛んでしまっていますが、逆にこの光がふんわり感を写真全体に作ってくれているので雰囲気のある写真になっています。

どちらがいいのかは、場面や好みによっても違うので、自分で好みの明るさを露出補正しながら探してみましょう。

逆光は露出補正しないほうがいい場合もある

逆光写真は露出補正しないほうがよく映る場合もあります。下の写真をご覧ください。

逆光で撮影

逆光で撮影

このようにあえて逆光を補正しないことで、被写体のシルエットが際立っていい写真になる場合もあります。こんなときは露出補正せずに、シルエットを撮るつもりで撮影してみましょう。

逆光撮影に向いている被写体

中には逆光での撮影が向いている被写体もあります。

例えば上にも写真を載せているように、花や葉などの植物も逆光で撮影すると綺麗に撮れます。先ほどの花のようにふんわりと撮影するのもありですし、下の写真のように日の光で葉が透けているような写真も美しいです。

料理も逆光で撮ると綺麗に撮れる被写体の典型例です。料理などの照りのある被写体は逆光で撮影することでキラキラ感が強く表現できます。カフェなどで料理の写真を撮る時は、逆光で狙ってみましょう。

料理を逆光で撮影する

料理を逆光で撮影する

人物写真でもあえて逆光で撮ってみてください。上で紹介した写真のようにシルエットを出して撮影するのもいいですし、露出補正を強くかけてふんわりと撮影してみるのもありです。特に女の子の場合はふんわりとさせた方が、女の子特有の柔らかさや可愛らしさが表現できていいですね。

ちなみにブツ撮りの時でも逆光はよく用いられます。逆光で撮影することで、物の素材感がよく表現できることがあるからです。例えばタオルや布などはその典型例で、逆光で撮影した方が布の素材感はよく表現することができるのです。

積極的に逆光で撮影してみよう!

もちろん集合写真や記念写真でわざわざ逆光で撮影する必要はありませんが、自分の遊びや作品撮りをする時は積極的に逆光を狙ってみましょう!逆光で撮影することで普段の写真がドラマチックになるなど、今までとは一味違った写真が撮れるようになりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

*