僕がGoProではなくSonyアクションカムを選んだ5つの理由。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アクションカム

いま流行りのアクションカメラ。以前はGoPro一強でそれ以外を検討する余地もないくらいでしたが、最近ではSonyのアクションカムが力をつけて人気を集めています。私もアクションカメラの購入を検討した際、丸一日悩みに悩んだ結果Sonyのアクションカムの購入を決意しました。

今回はなぜGoProではなくSonyアクションカムを選んだのか、二つの違いと比較を解説していきます!

まず前提として、今回は2017年春現在でそれぞれのメーカーのフラッグシップ機にあたる、GoPro HERO5とSonyのFDR-X3000の二つを検討しました。4Kだったり、スローモーションだったり、タイムプラス撮影などできることは基本的には二つとも同じです。その中でもやはりそれぞれに特徴が出てきます。

まずは私がSonyのアクションカムのどこに惹かれたのかを書いていきます。

アクションカムの素晴らしいところ

手ぶれ補正

これはあらゆる場面でも言われていることですが、手ぶれ補正機能がものすごいです!三軸ジンバルをつけたかのような手ぶれ補正が本体だけで実現可能です。(手ぶれ補正のサンプル動画はSonyアクションカムの公式ページで確認できます。)

GoProにも多少手ぶれ補正機能がついたようですが、やはりSonyアクションカムには全く敵いません。
GoProの場合は専用ジンバルKarmaGripを購入する必要があり、それだけでも4万円くらいします。
【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ用アクセサリ Karma Grip 手振れ補正ハンドグリップ

ちなみにこの手ぶれ補正機能ですが、オフにすることもでいます。中にはこの手ブレが臨場感があっていいのに!という人もいますので、その場合は手ぶれ補正機能をオフにすればOKです。

暗所での撮影にも強い・画質が綺麗

Sonyアクションカムは暗所の撮影にも強く、綺麗に撮影が可能です。それを可能にしているのが、レンズとセンサーです。

レンズにはかの有名なZEISSを使用し、センサーは当然sony自社のExmor R CMOSセンサーを使用しています。さすがに星空などは無理ですが、旅行先の夜の街歩きなどに使うには最適なカメラです。

ZEISSのレンズを使用している

ZEISSのレンズを使用している

しかも映像描写の諧調が豊かなので、白トビや黒つぶれもしにくいというのも特徴です。青空などもかなり綺麗な色で表現してくれるので、その辺りも個人的には気に入っています。

Sonyアクションカムで撮影

Sonyアクションカムで撮影

故障しても国内メーカーだから早いし安心

万が一故障してしまった時も、やはり国内メーカーであるというのがかなり安心です。何かあればカスタマーセンターに相談すればすぐにどうすればいいか回答が得られますし、修理も国内で済むので早いです。

GoProの場合も国内代理店や「GoPro修理屋」というのがあるらしいですが、やっぱり直でメーカーとのやりとりができるのは安心ですよね。

結果的にSonyアクションカムの方が安上がりだった

カメラ本体の値段を考えると、GoProの方が安く購入できます。しかし私の場合は手ぶれ補正がきくカメラが欲しかったので、GoProを購入する場合は、同時にジンバルも購入する必要がありました。
その場合計算してみると…(インターネットで2017年5月23日時点での、ヨドバシカメラの価格を参考にしています)

Sonyアクションカムライブビューリモコンキット 65,910円
GoProHERO5 45,670円  + 専用ジンバルKarmaGrip 44,280円 = 89,950円

このように、GoProで手ぶれ補正ありの撮影をしようとするとどうしても10万円近くしてしまいます。しかもSonyの場合は、ライブビューリモコンはいらないとするならば、さらに安くなり50,670円で購入可能です。アクションカメラに10万円近くはちょっと出せないかな…^^;

持ちやすい

これはライブビューリモコンセットで購入した場合ですが、カメラの他にグリップのアクセサリーがデフォルトでついてきます。これがあるとしっかりと握れて持ちやすいです。

アクションカメラとはいえ、精密機械ですので落としてしまうと故障の原因になります。持ちやすさは大事なポイントです。

このグリップがあるとかなり持ちやすい。

このグリップがあるとかなり持ちやすい。

ちなみにGoProの場合ももちろん自撮り棒みたいなアクセサリーはありますが、これは別途購入する必要があります。しかも当然手ブレします。KarmaGripを購入しておけば、そのアクセサリーも購入する必要はありませんが、そこは金額との相談になるかと思います。

さて、これまでSonyアクションカムのいいところばかりを書いてきましたが、もちろんGoProの方がいいなーと思う部分もありました。

GoProのいいところ

デザインがかっこいい

一番はこれです!とにかくGoProってかっこいいですよね。洗練されていて無駄がないというか。
一方Sonyアクションカムは、いかにも日本のメーカーが作ったというようなデザイン。

せめて色にもう少しバリエーションがあればなー。ちなみにSonyで4Kの撮れるアクションカムは白しかありません。黒が欲しかった…。

耐久性が強い

やはりGoProの方が耐久性が強いようです。ネットでも読む限りでは、Sonyは一回落としたら壊れたなどとの書き込みもありました。アクションカメラをつけて撮影するということは激しい運動をすることも想定されるので、耐久性には強くないと心配ですね。

ライブビューで撮影できる

上でも少し触れましたが、Sonyアクションカムには本体にライブビュー画面がありません。撮った画像も本体では確認することができず、それをするためにはスマートフォンにwifiで接続するか、ライブビューリモコンキットで購入する必要があります。

その辺りはデフォルトでカメラに画面のついているGoProの方がかなり使い勝手がいいと思います。

アクションカムでライブビュー撮影をする場合、このライブビューリモコン、もしくはスマホが必要になる。

アクションカムでライブビュー撮影をする場合、このライブビューリモコン、もしくはスマホが必要になる。

音声コントロールができる

GoProの最新機種には音声コントロール機能がついていて、声で「録画開始」などというだけで撮影が開始できてしまいます。まぁ僕はこの機能全然いらないなと思ったのですが、大きな違いの一つなので一応書いておきました。

水中でも音がしっかり録れる

GoProでは水中でも音がしっかり拾えます。Sonyの場合は防水ケースに入れて撮影するので、音が遮断されてしまいあまり録音できません。

ちなみに防水つながりで書きますと、Sonyの本体も防水できていて水に濡れても全然平気らしいのですが、レンズが水中に適応できていないため、全くピントの合わない映像になるそうです。
そこはSonyの販売員さんに聞いた話で自分では試していないので、実際どんな絵になるのかはわかりません。

音質はどっちもどっちかな

音についてですが、これはどっちもどっちな気がします。要はどちらもさほどよくありません。どちらかといえばSonyの方が環境音の中から声を拾ってくれていた感じはしましたが、こればっかりは好みの問題かなーと思います。

Sonyアクションカムの使用感

実際にアクションカムを使い始めて2ヶ月くらい経ちますが、個人的にはかなり気に入っています。使用目的としては、旅行やお出かけ先でのムービー撮影や写真撮影に使っています。

動画や自撮りにはアクションカムが大活躍

ムービー撮影に関しては、とにかく手ブレがしないのでスマホで撮影するよりも圧倒的にいい絵が撮れます。一方で写真撮影に関しては、かなり広角レンズを使用しているため、普通に写真を撮る分にはスマホの方がいいかもしれません。

しかし、自撮りの時には絶対にアクションカムの方が役立ちます。
上でも書いているようにアクションカムは広角レンズを使用しているため、自撮りする時にわざわざ自撮り棒など使わなくても自分だけでなく風景もしっかりと映った写真が撮ることができます。またスマホのインカメラは画質が悪いのに対して、アクションカムであれば自撮りでも綺麗な画質で撮影することができます。

最近では、飲み会の時でさえもこのカメラを使って自撮りの集合写真を撮っています。実際にムービー撮影や自撮りの時にスマホはもう使わなくなりました。

広角だから、被写体だけでなく後ろの風景もしっかり映る

広角だから、被写体だけでなく後ろの風景もしっかり映る

画像の取り込みも楽

撮影した動画や画像のデータは、専用の「Action Cam」というアプリを通してすぐにスマホに取り込むこともできます。wifiでスマホとつなげる必要があるのですが、一度設定してしまえばあとは自動で接続されるので全く面倒ではありません。

またアプリ内で動画の編集作業なんかもできるので、その日に撮った動画をすぐに編集して、その日のうちに友達に送ったりするととても喜ばれます。

バッテリーは予備があると安心

バッテリーに関してはそこまで持ちがいいとは言えませんが、ずっと電源をつけっぱなしにしていなければ半日以上は保ちます。

先日旅行に持って行った時も、こまめに電源をきりながら使っていたら、丸一日一つのバッテリーで問題なく使えました。まぁ使用頻度の多い日には予備のバッテリーを持ち歩くと安心ですね。一応メーカーさんが言うには、連続撮影で1時間半弱くらいは電池が保つようです。
ちなみにGoProのバッテリーの保ちもさほど変わりませんが、Sonyの方が若干保ちがいいようです。

ちなみにamazonなどでsonyの正規品に似せた偽物が横行しているようです。
私もどれが本物かはっきりと分かりかねるのでこちらにリンクは貼りません。家電量販店などで店員さんに確認した上で購入することをお勧めします。

アクセサリーは特に必要性を感じない

上でも書いたのですが、アクションカムは持ちやすく設計されているのでカバンや帽子に装着する用のアクセサリーが必要だと感じたことはありません。

手で持ち歩くのが面倒だというのであればアクセサリーを買って装着するといいかもしれませんが、僕は手持ちで撮影するのに全く面倒くささは感じないので、「自転車に乗るから両手がふさがる」などの特別な理由がない限りはアクセサリーを購入する必要は全くないかなと思っています。ちなみに水中撮影用の防水アクセサリーはデフォルトでついてきました。

自転車や頭に装着して使いたいという方はこんなアクセサリーキットもあります。
ソニー SONY ユニバーサルヘッドマウントキット

操作も簡単

Sonyアクションカムのレビューを見ていると、設定や操作が分かりにくいと書いてあるのをたまに見かけますが、全くそんなことはありません。逆に何がわからないのかが分かりません。一眼レフカメラの方が分かりづらいですよ。実際一眼レフカメラが使いこなせる人なら誰でも使えると思います。
僕はGoProを使ったことがないのでわからないのですが、もしかするとGoProよりかは分かりにくいというレベルではないかと思います。

Sonyアクションカムは普段使い用にも業務用にもとにかくオススメ!

僕はアクションカムを買って本当によかったと思います。これを持って出かけるが楽しいです!高度な手ぶれ補正機能や4K撮影ができることから、普段使いだけでなく業務用にも使えますし、幅広い用途での活用が期待できます。

もしGoProとSonyアクションカムで悩んでいる人がいるとしたら、以下のことを基準にして選んでください。

スポーツ撮影をメインに使う人はGoPro、旅行先や普段の生活での撮影をメインに使う人はSony。僕が最終的に判断したところはそこでした。スポーツで使うなら耐久性のあるGoProの方がいいけど、普段の生活での撮影なら手ブレに強いSonyアクションカムだな、と。

僕の場合はスノボも行かないし、ロードバイクにも乗らないし、しょっちゅうダイビングするというわけでもない。どちらかというと街歩きの動画や暗い場所でも綺麗に撮れる方がいいや、という気持ちだったのでSonyを選びました。

SonyとGoPro、あなたはどちらを選びますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

*