カメラの雨対策。防水して写真撮影に出かけよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
雨の日こそ写真を撮りに行こう!

雨の日に写真を撮るのは厄介ですよね…。特に梅雨の時期などは雨が多くてカメラを持ち歩くのも億劫な気持ちになります。とはいえ、雨の日にしか撮れない写真があるのも事実です。今日はそんな雨の日でもカメラを持って写真を撮りに行くガッツあるみなさんに、カメラの雨対策を紹介します。

カメラバックも防水する

カメラに対する防水も大事ですが、カメラバックに対する防水もとても大事です。カバンは傘を差していてもどうしても濡れてしまうものです。カバンを防水していないと中のカメラまで水が浸みて、カメラの故障にも繋がりかねないのでしっかりと対策しておきましょう。

カメラバックは様々なものが出ていますが、ちゃんとしたものだと専用のレインコートが付いていたりします。カメラバックを買う時はこのレインコートが付いているものを選びましょう。

ThinkTankのレインカバー

ThinkTankのレインカバー

ちなみに私が持っているカメラバックはThinkTankのキャリーバックタイプのものですが、当然専用のレインカバーが付いています。どのカメラバックもコンパクトにまとめられるようになっていて、カメラバックの隅っこやサイドポッケに収納できます。

このようにレインカバーでカメラバック全体を覆えるようになっている。

このようにレインカバーでカメラバック全体を覆えるようになっている。

残念ながら横からの雨には弱い

残念ながら横からの雨には弱い

専用のレインカバーが付いていない場合は、一般用カバンのレインカバーも普通に販売されているのでそれで代用するようにしましょう。安いものだと1,000円ちょいで買えたりします。ちなみにこのレインカバーですが、使った後そのままにしておくと臭くなるので、ちゃんと干して乾かしておきましょう。

自分は濡れる前提でレインコーを着ていく

雨の日の撮影ではカメラを守ることで精一杯で、自分を守る余裕なんて正直ありません。自分が濡れても大丈夫なようにレインコートを着て行きましょう。もちろん傘も持っていく必要はありますが、それはカメラ用です。カメラを女優のようにVIP待遇で雨から守ってあげてください。

三脚を持っていく

雨の日には三脚が役立ちます。なぜなら傘で片手が埋まってしまい、もう片方の手だけでカメラを操作しなくてはいけなくなるからです。しかし三脚にカメラをつけておけば、フォーカスリングや設定なども楽に調整することができます。

また三脚に傘を取り付けることができるアクセサリーもありますので、それをつけると便利です。Velbonの傘ホルダーであれば、アタッチメントと傘がセットで売られていて便利です。この傘ホルダーを使うときには、傘が風で煽られて三脚とともに倒れないように注意しておきましょう。

レンズには必ずレンズフードをつける

街中でレンズフードをつけていない人も多く見かけますが、雨の日は特に必ずレンズフードをつけるようにしましょう。レンズフードはフレアやゴーストを防ぐだけではなく、雨がレンズに付着することを防ぐ役割をします。レンズフードを装着しないと、レンズはビチョビチョになるので必ずつけてください。

カメラの雨対策

ただレンズフードをしていても、どうしてもレンズに水滴がつく場合があります。その時は指や服で拭いたりせずに、ブロアーを使って飛ばすようにしましょう。特に雨の日にレンズを上に向けてしまうと一発でレンズの濡れの原因となるので、上に向けないように気をつけましょう。

レンズについた水滴はブロアーで飛ばそう

レンズについた水滴はブロアーで飛ばそう

カメラはレインカバーをつける

レインコートも着て、三脚も持って、傘も差して、レンズフードもした!…けどこれだけではまだ不十分です。これでもカメラは濡れてしまいます。カメラを濡らさないようにするために、カメラにレインカバーをつけましょう。

このダークバックのようなものがカメラのレインカバー

このダークバックのようなものがカメラのレインカバー

このレインカバーは雨だけでなく、防塵防滴仕様なので砂浜や砂漠などの砂が舞うようなロケーションでも使えます。雨の日や砂の舞うような場所では、これがないと仕事になりませんね…。

レインカバーを装着するとこんな感じ

レインカバーを装着するとこんな感じ

このカメラのレンカバー、とても重宝するのですがデメリットもあります。カバーでカメラを覆うために、ファインダーやカメラの設定モニターが見にくかったり、背面画面まで丸っと黒で覆われているとモニターが全く見えないので写真の仕上がりが確認できないのです。また下まで覆われることから三脚に付けられないという点も使いにくいポイントです。

ファインダー以外は黒で覆われていて、モニターが確認できない

ファインダー以外は黒で覆われていて、モニターが確認できない


モニターが確認できる窓があるけど見にくい

モニターが確認できる窓があるけど見にくい

また写真撮影をする際は、レインカバーの先端がレンズ前にかぶって写真にかからないように気をつけましょう。レンズの先端部分は紐で絞れるようになっているので、レンズフードのあたりで絞っておくといいですね。

私は知人から頂いたので未だにこれを使っていますが、新しく買う場合には以下のことに気をつけて買いましょう。

    ・モニター部分が透明になって見やすいものを選ぶ
    ・三脚につけやすい構造になっているものを選ぶ
    ・なるべく大きいサイズのものを選ぶ(自分の頭まで一緒にすっぽり覆えるものだととても楽)
    ・薄くないものを選ぶ(薄いものだと次第に雨が染みてくる)
    ・両手が突っ込めるタイプのものを選ぶ

また、たまにレインカバーをビニール袋を使って自作する強者もいますが、個人的にはビニール袋での自作はお勧めしません。ビニール袋は完全に防水でできているわけではないので、物によっては水が浸透してしまったり、ビニールの継ぎ目から水漏れしたり、その耐久性の弱さから破けたりして、カメラを危険な目に遭わせてしまうかもしれないからです。

レインカバーはamazonでもいろいろと安く売っているので、その中からいいものを選ぶといいですね。

Meersee カメラレインカバー  一眼レフ対応

防塵防滴のカメラを使う

そもそものカメラ選びの観点になってしまいますが、濡れる場所や砂埃の多い場所で撮影することが多いとわかっている場合は、防塵防滴対応のカメラを買ってしまうというのも選択肢の一つです。オリンパスのミラーレス機はほとんどが防塵防滴に対応しているのでオススメです。ちなみに高機種の一眼レフカメラなどであれば、多少の雨でも平気な防滴機能も付いていますのでちょっと雨に濡れたからといって壊れることはありません。とはいえ、精密機械なので極力濡れないように、そして万が一濡れてしまったら、タオルですぐに拭いてあげましょう。

撮影後の機材の手入れ

雨の日の撮影は、写真を撮った後の手入れも大切です。

カメラや三脚が濡れている場合は必ずタオルで拭き取る

雨の日の撮影には必ずタオルを持って行きましょう。そして撮影中、撮影後にカメラが濡れた時にはすぐ水滴を拭き取るようにします。三脚は絶対に濡れるのでしっかり拭いてあげましょう。三脚の水滴を拭いてあげないと錆びの原因となり、脚やエレべーターの動きが悪くなったり、キーキーと音がなる原因にもなります。

湿気の少ないところで保管する

雨の日に限ったことではないですが、雨の日にカメラを使った後は特に気を使いましょう。レンズやボディ内のカビの原因となります。防湿庫があればベストですが、なかなか防湿庫を持っているという方も多くないと思うので、洋服の湿気取りなどをカメラバックの中に詰めるなどして対応しましょう。

レンズの結露に注意!!

梅雨の時期などある程度気温の高い季節は問題ないかもしれませんが、冬の寒い雨の日などは急に暖かい湿度の高い部屋の中にカメラを持っていくとレンズが結露してしまう恐れがあります。結露はレンズのカビの原因にもなりますので注意が必要です。寒い場所から暖かい湿気のある場所にすぐに移動させると結露してしまうので、なるべくカメラバックから取り出さずにバックの中に入れっぱなしにしておきましょう。そうすることで徐々に部屋の温度に慣れていくため結露しにくくなります。

これは北欧でオーロラの写真を撮っているというカメラマンさんに聞いたのですが、レンズをドライヤーで温めてから暖房の効いた部屋に持ち込むと結露しないそうです。あまりカメラに良くないそうなので、あくまで自己責任でということですが…。

カメラとカメラバックのレインカバーは乾かしておく

上でも書いた通り、カメラバックとカメラのレインカバーは使ったあとちゃんと干しておかないと臭くなるので、しっかり乾かしましょう。臭くなると本当にそれだけで雨の日に写真を撮りに行きたくなくなります。

雨の日にも写真を撮りに行こう

ここまで読んで面倒くさ…と思っていませんか?笑 正直雨の日の撮影は面倒臭いですが、ガッツのある人は雨の日だからこそ写真を撮りに行きましょう!

カメラの雨対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

*