桜のキレイな撮り方。マル秘テクを使った写真でみんなに差をつけよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
桜の綺麗な撮り方

今年もお花見シーズンがやってきました!桜にはお酒もいいですが、カメラが最も活躍する時期でもあります。桜のキレイな写真をとってインスタでいいねをいっぱいもらいましょう!

桜をキレイに撮るための11個のテクニック

桜を撮るのにはたくさんのテクニックがあります。今日はその中でも誰でもすぐに使える11個のテクニックを紹介しますので参考にしてみてください。

なるべく花が密集しているところを狙って撮る

桜はなるべく花が密集しているところを狙って撮りましょう。周りにあまり花がないと、カスカスの桜の木のように見えて、寂しい写真になってしまします。また周りの桜をぼかして撮れば、ボケた桜たちがピンク色にふわーっと背景に広がって淡いキレイな写真になります。

ハイキーで撮ってあげる

花の写真はハイキーで撮ってあげるとよりふわっとした印象に仕上がります。特に桜の花びらは柔らかいので、かっちりとした写真よりもふわっとした印象の写真の方が桜にあった表現ではないかと思います。

ハイキーで撮るとふんわりとした優しい雰囲気になる。

ハイキーで撮るとふんわりとした優しい雰囲気になる。


露出調整の仕方についてはこちら

色温度を赤によせておく

桜の美しさはやはり淡いピンク色だと思います。色温度を少し赤にいじると、桜のキレイなピンクが表現できます。またWB調整ツールでマゼンタを強くしてあげるとよりピンクが強く表現できます。

WB補正でマゼンタを強くしてみた

WB補正でマゼンタを強くしてみた


ホワイトバランスの調整の仕方についてはこちら

雨の日に撮りに行く

お花見の時期は意外と雨の日が多いものです。雨が降ると桜もすぐ散ってしまいますし、寒いし出かける気になりませんよね。しかしそんな時こそチャンスです!人が撮りにいかない時や場所に撮りに行ってこそ、人とは違った良い写真が撮れるものです。特に花は雨に濡れると普段よりも色気が出てたり、花についた雫が美しく見えるのでオススメです。花についた雫を撮る時は、マクロレンズを使うと撮りやすいですよ。

雨の雫が花びらから透けて見えて色っぽい

雨の雫が花びらから透けて見えて色っぽい

散った花びらを使って撮る

桜は木に咲いている部分だけではなく、儚く散って地面に落ちている花びらも美しいものです。散った花びらにも注目してみましょう。また、花びらが沢山散っている上に立って足元の写真を撮ると、まるで桜の絨毯の上に立っているような美しい写真が撮れます!足は男子よりも女の子の足の方が絵になりますよね笑

散った桜の花びらもまた美しい

散った桜の花びらもまた美しい

人のいない時間帯に撮る

花見のシーズンにはどうしても人が沢山集まってくるので、ごちゃごちゃした写真になりがちです。桜だけのすっきりした写真を撮るためにも早朝、もしくは夜に出かけて人のいないタイミングを狙いましょう!

人がいないタイミングを狙って撮ろう

人がいないタイミングを狙って撮ろう

逆に人と一緒に桜の写真をとる

桜だけでなく花が写真に入ってくると、写真はドラマチックな印象を持ち始めます。結婚式の前撮りや卒業生などの写真も桜と一緒に撮ると、綺麗なだけでなく、門出の季節のイメージとも相まっていい写真になりますよね。

桜の綺麗な撮り方

前ボケを作って撮る

桜のように小ぶりの花は、前ボケを使って撮るとより可愛らしさが表現できます。前ボケを作るためには、望遠レンズでなるべくF値を開放気味にした状態で、手前をぼかして撮影します。

前ボケは花の撮影にはもってこい

前ボケは花の撮影にはもってこい

桜の散る瞬間を狙う

桜の美しさはその儚さにあります。風が吹くのを待って、桜が吹雪が舞う瞬間を狙いましょう。シャッタースピードは少し遅めに設定しておくと、桜の枝や花びらがブレてより動きのある写真になります。この時は三脚で構えておけば、待っている間も腕がプルプルせずに済むので三脚の準備をお勧めします。自分の満足いく写真が撮れるまでなどもシャッターを切りましょう。

広角レンズで下から撮ってみる

これはしだれ桜で撮るとより効果的ですが、広角レンズで下から近寄って撮るとまた違ったシーンの桜が撮れます。広角レンズは狭い場所をとるだけでなく、大きなものを近寄って撮影することでその大きさをより強調して表現できるという特徴があります。この広角レンズの特性を桜にも応用して撮ってみましょう。また下から煽って撮ることで空が桜の花で覆われたキレイな写真も撮れます。

桜の満開の時期にはもっとキレイな桜の空が撮れる

桜の満開の時期にはもっとキレイな桜の空が撮れる

スマホで桜をキレイに撮る方法

スマホの場合は一眼レフカメラよりも機能が制限されますが、基本的な考え方は一緒です。ズームしてなるべく桜をアップにして撮ってあげます。色味やボケみは一眼レフほどコントロールできないので、アプリを使ってなるべくマゼンタを使ったり、ボカし機能を使ってメインの花以外をぼかしてあげましょう。またスマホの場合はズーム機能にも限界があるので、敢えて引きで撮って桜並木をキレイに撮る方に専念するのもアリですね。

桜の綺麗な撮り方

自分ならではの表現方法を見つけてみよう!

桜を撮るためのテクニックをいろいろ紹介してみましたが、誰でもすぐに使えるものばかりではなかったでしょうか?良い機材がなくてもちょっとした見方や、撮り方を変えるだけでたくさんの表現方法が生まれます。ここに書いてある方法だけでなく、自分ならではのテクニックを見つけて、人とは違う桜の写真を撮ってみてはいかがですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

*