一眼レフカメラの正しい構え方。手ブレ防止にも大切なこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
脇がしっかりしまっているので、カメラが安定しやすい。

カメラを始めたばかりの頃は、構え方も何が正しいのかわからないものです。絶対にこうでないといけないというルールはないのですが、こう構えた方がいいというものはもちろんあります。正しいカメラの持ち方は、手ぶれ防止にもつながるのでここで勉強しておきましょう。

カメラの握り方

まずは構える前に、基本的なカメラの握り方から学びましょう。

当然ですが、カメラを持つ時は両手で持ちますよね。右手はグリップをしっかり握り、人差し指を使ってシャッターが切れるようにしておきます。ちなみにカメラの背面にはF値やシャッタースピードを変更できるダイヤルや、フォーカスポイントの変更ができるボタンが幾つも付いています。このボタンやダイヤルをすぐに変更できるように、親指を背面に添えるように持ちましょう。また親指は、親指フォーカスと言って、背面のボタンでフォーカスを合わせることもでき、これによって一瞬のシャッターチャンスを逃さずに撮れるかどうかも変わるので親指の置き所は意外と重要です。

カメラの正しい構え方

各社一眼レフメーカーは、持ちやすようなカメラの構造を研究して作っているので、言われなくても自然と正しい持ち方で持てるようになっているのが普通です。

一方左手は、レンズに添えてフォーカスリングやズームリングを調整できるようにしておきます。この時に、左手を横から添えるのではなく、下からレンズを支えてあげるようにして持ってあげると、大型の望遠レンズでもフラフラせずに安定した状態で持つことができます。

カメラの構え方

脇をしっかり締めて構える

カメラを構える時はまずしっかりと脇をしめることが大切です。脇を締めることを忘れなければ、ほぼ満点と言っても過言はないくらい大事なポイントです。これは一眼、ミラーレス、コンデジ、スマホ、どんなカメラでも共通して言えることですが、脇をしっかり締めることで大体の手ブレは防ぐことができます。

脇が開いていて安定しない。

脇が開いていて安定しない。

脇がしっかりしまっているので、カメラが安定しやすい。

脇がしっかりしまっているので、カメラが安定しやすい。

また脇をしっかり締めるとカメラがフラフラしないため、構図がしっかりと定められるという利点もあります。どアップの写真を撮るときなどはちょっと上下左右にズレるだけでも印象が変わるので、脇をしっかりと締めて構図がフラフラしないように気をつけましょう!

額をカメラにしっかりとつけて固定する

次に意外にも顔の位置も大事なポイントです。一眼レフでもライブビューモードで撮影することはありますが、多くの場合はファインダーを直接覗いて撮影するのが普通だと思います。
その場合、ちょっと離れたところからファインダーを覗くのではなく、顔を思いっきりカメラにくっつけてファインダーを覗きましょう。その時、額(実際には除く側の眉毛あたりが当たる)をカメラにぐっとくっつけて撮影すると、よりカメラが安定してブレにくくなります。撮影をした後、額が赤くなっていたら、それはしっかりと構えられていた証拠ですね笑

足を開いてどっしり構える

さて、上の2点で上半身の状態は良くなりました。しかし写真は上半身だけではなく全身を使って撮るものです。次は下半身の使い方を学びましょう。

まずは足を肩幅より少し大きめに開きます。そして、膝を軽く曲げてどっしりと構えます。そうすると、風が強めの場所でも体全体でぐっとこらえることができます。膝を柔らかく保っておくことはとても大事です。一つのアングルからだけではなく、目線の高さ、高い角度、低い角度などいろいろな角度で写真を撮ってみることで新しい世界が見えてきます。

低い角度で写真を撮る時は片膝をついて、立てている方の膝の上に肘を置くことで安定した構えを取ることができます。

肘を膝の上に置くことで、カメラが安定する

肘を膝の上に置くことで、カメラが安定する

体を斜に向けて構える

写真を撮る時に、被写体対して真正面から撮ってもいいのですが、体を斜に向けて構えるとよりカメラが安定します。
まず足を被写体に対して斜めに開きます。この時前に残した足先は被写体の方向に残しておきます。
次に上半身を被写体の方へ捻ります。その状態でカメラを構え、膝を曲げてどっしりと構えます。知り合いのカメラマンさんに実践していただいたので、下の画像を参考にしてください。

正しい構えは、スナイパーのように見える。

正しい構えは、スナイパーのように見える。


この時に大事なのは左肘の位置です。左肘をわき腹の辺り乗せるイメージでカメラを構えます。するとカメラが安定して、手ブレしにくい写真が撮ることができます。
ちなみに、わき腹に乗せた左肘を支点にすることで、楽にアングルを変えながら撮影することが可能になります。

肘をわき腹辺りに置くイメージで構えると安定感が増す。

肘をわき腹辺りに置くイメージで構えると安定感が増す。

縦一で撮る場合の構え方

縦一の場合は、構え方がふた通りあります。一つは右腕を上に上げて構える方法。もう一つは両腕とも下に下げて構える方法です。
これはそれぞれの流派があるのでどちらがいいということはないのですが、個人的には両腕とも下に下げる構えの方をお勧めします。右腕をあげて撮るとカッコいいのですが、やっぱりちょっと安定感を失います。
最初のうちは手ブレを防止するために、なるべく両腕を下にした構えで撮った方がいいでしょう。

縦一の構え方。下の場合。

縦一の構え方。下の場合。

縦一の構え方。上の場合。

縦一の構え方。上の場合。

シャッターを切る時はしっかりと押し切る

ちなみに、シャッターを切る時は軽くパチパチと押すような切り方ではなく、しっかりと指の腹で押し込むようにして切りましょう。
雑に押してしまうと、その反動で手ブレしてしまう恐れがあります。

正しい構えでカッコよく写真を撮ろう

以上のことをまとめると…

写真を撮る時は、しっかり脇を締めて、足を肩幅に開き、膝を軽く曲げて撮ることを意識して撮ってみましょう。
構えがしっかりしていると、まるでスナイパーの様でハタから見ていてもカッコよく見えます。
どうしても体が安定しない時などは、壁や柱に寄りかかりながら撮ってみるのも手ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメント

コメントを残す

*