写真が上手くなる!基本的な構図の種類と効果を紹介。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
IMG_3638

今や写真は誰でも簡単に撮れる時代になりました。それでも、誰でもいい写真が撮れるというわけではありません。いい写真を撮るために押さえておかないといけない大事な要素が大きく二つあります。それは光と構図です。

同じ場所を撮影しても、光と構図が違うだけで写真の見方は大きく変わります。今回は写真の二代要素の一つである構図にスポットを当てて書いてみようと思います。

写真の基本的な9つの構図

構図のしっかりとした写真はパッと見た瞬間に美しさを感じます。逆に構図がしっかりしていないとなんだかごちゃごちゃした雰囲気の写真で何が見せたいのかわからない写真になってしまいます。

まずは基本的な構図を学んで整理された写真を撮れるようになることを意識してみましょう。

三分割構図

こちらは基礎中の基礎、三分割構図です。これに関しては意識せずともできている人が多くいらっしゃると思います。
三分割構図とは、写真を縦と横に三分割してそれぞれの線の交差点に被写体を置く構図のことで安定感のある写真になります。

IMG_2515

三分割した交差点に、砂を持った手、そして砂漠の上に立つ人のシルエットがあるバランスの取れた構図になっています。

二分割構図

二分割構図はもっと簡単な構図です。
写真を半分に分割して左右もしくは上下をシメントリーに撮影する手法です。

シメントリーに分割することで、写真に安定感がもたらせられるため、風景写真などでよく用いられます。

IMG_4060

今では誰でも知っているウユニ塩湖。このような鏡面反射の写真にもシンメトリーを用いると効果的。

日の丸構図

日の丸構図とは、被写体をど真ん中に持ってくる構図のことです。
この構図では圧倒的な主役の存在感が表現できるため印象的な写真を生み出すことができ、ここぞという一枚に使いたい構図です。

赤ちゃんの笑顔や、花、虫の顔のどアップなどで用いられることが多いですね。

マクロ100mmで撮影。望遠よりも断然大きく撮影できた。

S字構図

S字構図とは、被写体をSの字上に並べて撮影する手法です。
Sの字に並べることで、手前の被写体から後ろの被写体に視線を流れるように運ぶことができる、見る人の視線を誘導しやすい構図です。

料理写真などでもよく使われます。

料理を逆光で撮影する
手前の料理から後ろのお皿に視線が流れ、これから二人で食べるのかなぁと言った印象が浮かび上がります。

トンネル構図

トンネル構図とはその名の通り、画面の中がトンネルのようになっている写真のことです。
四隅がトンネルなどで覆われその先に被写体を配置することで、被写体をより印象的に見せる力があります。

IMG_0651

普通に道に止めてある車を撮るよりも、トンネル構図で撮影すると車をより強調して表現できます。トンネル構図ではわざわざトンネルを使わなくとも、草木の前ボケなどを使っても同じような構図を作ることができます。

額縁構図(フレーム構図)

こちらも名前の通りの構図で、窓枠や額縁越しに撮影する手法です。
窓枠や額縁越しに撮影することで被写体をより印象的に表現することができるとともに、おしゃれな写真に仕上がります。

風景写真などでもよく用いられるテクニックです。
IMG_4898

靴屋さんの店員さんを鏡越しに撮影しました。

対角線構図

画面の対角線上に被写体や水平線を持ってくることで、写真の中に躍動感や目線を誘導させる効果があります。
電車や街並みの撮影でよく使われます。

IMG_3604

手前にお土産のコップがあり、その対角線上にお土産を見ている人の姿が見えます。このように机のラインが対角線上に伸びていることで、目線を奥の人物に誘導して状況を説明します。

放射構図

画面の奥側から手前側へ放射線が伸びてくるような構図で、写真に奥行きが出てきます。
奥側に線の収束点を作るように意識するとうまく撮影できます。

車のスピード感が出て、ダイナミックな写真になった。

画面の奥側から車が次から次へと出てくる動きのある写真になりました。今回の写真のように、放射構図では広角レンズを使うとより効果的な写真になる場合が多々あります。

三角構図

三角構図では画面の中に三角形を作るように撮影します。三角形を意識して撮影することで画面の下部がどっしりするので安定感のある構図になります。

IMG_4373

上の写真のように街並みやタワー、ビル、階段などで活用する人が多いですが、三角構図はマリアがキリストを抱いたり、持ち上げたりしている宗教画でもかなり多用されているように人物撮影でも活用できる構図です。

写真が上手い人は引きの絵が上手い

いい写真を撮っている人の共通点として、引きの絵が上手いと個人的に感じています。

ちょっと写真を始めたばかりの人の多くは、どうしても寄りの写真を撮りたがる傾向にあります。確かに寄りの写真もいいのですが、寄り絵はどちらかというと一撃必殺というか、ここぞのワンショット!というシーンに使うから感動するのであって、寄りの写真ばかりだと胃もたれするというか、味の濃いラーメンをずっと食べているような感覚になります。

寄りの写真の長所は、映っている人物などの表情などをしかっり写せることで、人の心境を表現しやすい点にあります。しかし一方で、寄れば寄るほど周りの環境は削られて見えなくなります。すると、どんな状況でどんなことをしていてこんな気持ちになっているのかというのが伝えられなります。

写真は動画と違って、一瞬しか切り取れないし声も入れることができません。なので、その切り取った一瞬の中でどれだけの情報を見る人に伝えられるかがとても大事になってきます。

もちろん引き絵にすればするほど、関係のない余計なものが映り込んできて、何が主題なのかがわかりづらくなるという難しさもあります。写真の上手い人たちは、何を切り取り、何を加えるかの計算を瞬時にして、寄りすぎない適度な構図で写真を撮るのです。

構図は写真を綺麗に見せるためではなく、伝えたいことを表現するためのテクニック

さて、上のことを踏まえて何が言いたいかというと、写真はものを綺麗に写すことも大事ですが、それよりも何を伝えたいかが大事ということです。上手い写真には、絵の綺麗さに加えて伝わってくるストーリーがあります。その2つが組み合わさっていい写真に仕上がっていくのです。

はじめのうちは構図を意識した写真を撮ることも大事ですが、ゆくゆくは写真で何が伝えたいかを意識して撮影するようになると必然的にその写真に適した構図で撮影できるようになってきますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

*