今すぐ使える、料理写真をスマホで美味しく撮るコツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
料理の美味しい撮り方

最近ではインスタやFacebookでご飯の写真をアップするのが流行っていますよね。でもスマホで料理の写真を撮るのって意外と難しい…。今回はスマホでも誰でも簡単に料理の写真を撮れる方法をお教えします!

ちなみに料理を撮る上で、スマホも一眼レフも変わらない鉄則というものがあります。それを押さえておくだけでスマホでも美味しく料理を撮ることができますよ。

料理は寄って撮る

まず一つ目は、料理を撮るときはグッと寄って撮ってみることです。
グッと寄ることで、料理のジューシーさが表現できたり、何を使った料理なのかが伝わりやすい写真になります。

更に、寄って撮ることで周り余計な物が写り込むことを防ぐことができるという効果もあります。

メイン料理を目立たせよう

寄って撮るということに関連して、もう一点気をつけたいポイントがあります。
それはメイン料理が何かをはっきりさせることです。

アップにして撮ったとして、料理ではなくグラスの方がアップになっていたら、グラスが主役の写真なのかな?となってしまいますよね。またハンバーグプレートの写真を撮った時に、サラダが手前でハンバーグが後ろにきていたら、メインディッシュのはずのハンバーグが目立ちません。

この場合は、ハンバーグがメインになるので、ハンバーグを前に持ってくる。 目玉焼きが正面にきてしまうとハンバーグの写真ではなくなってしまう。

この場合は、ハンバーグがメインになるので、ハンバーグを前に持ってくる。
目玉焼きが正面にきてしまうとハンバーグの写真ではなくなってしまう。

寄って撮る時には、必ず主役となる食材が一番目立つように撮ってあげることが大切です。

スマホのレンズは広角

料理の写真は寄って撮ることが大事だということが分かってきました。
では実際にスマホで寄って撮ってみよう!…と思っても、実はこれだけではまだうまく撮れません。
その原因はスマホのカメラレンズにあります。スマホのレンズは広角レンズを使っていて、物に寄って撮ろうと思っても、歪みの強い写真になってしまいます。

スマホで撮るときはズームすべし

スマホで写真を撮る上で最も大事なポイントはズームをすることです!
ズームをすればするほど写真の歪みはなくなり、他の物の写り込みがなくなっていきます。

ただしここで注意すべき点が2つ。

1つ目は、画質が悪くなるということです。スマホのカメラはデジタルズームというものを搭載しており、ズームをすればするほど画質が落ちるという特徴があります。ですので、ズームをする時はなるべく近い位置からズームをしてあげることで、画質の劣化を極力抑えることを意識しましょう。

2つ目は、ブレやすくなるという点です。ズーム機能を使ったことがある人は分かると思いますが、カメラは一眼レフもスマホも関係なく、ズームをすればするほど写真がブレやすくなります。写真を撮る時には脇を締めて撮るだけで、ブレがかなり抑えられるので脇をしっかり締めることを意識して撮りましょう。

料理を撮る時は逆光を意識する

次に大事なポイントは光です。この光さえ押さえてしまえば、料理写真の半分はつかんだと言ってもいいでしょう。料理を美味しく見せるには、シズル感が大事になります。そのシズル感が出やすい光というのが、そう、逆光なのです!
人を撮るときなど、逆光になると顔が暗くて写らないため避けられがちな光の種類ですが、実はうまく使いこなせばとてもいい味が出せる光なんです。料理の時に逆光を使うと、ハンバーグのソースが光って美味しそうに見えたり、料理の輪郭にハイライトがきて立体感が出たりと、料理を撮る上では欠かせない光になります。

料理を逆光で撮影する

料理を逆光で撮影する

スマホで逆光を撮る時の2つのポイント!

とはいえ、料理でも逆光で写真を撮ると、手前の方は暗くなってしまいます。それを防ぐ方法が2つあるので紹介します。

HDRモードを使おう

スマホのカメラにHDRという文字があるのを見たことはありませんか?実はこのモード、逆光の時に役に立つモードなのです。
HDRとはhigh dynamic range (ハイダイナミックレンジ)の略です。どんな機能かというと、例えば明暗差が強い被写体の撮影の際に、HDRモードを使えば勝手にスマホが明るさの違う三枚の写真を撮影してくれます。そして撮影した写真のちょうどいい明るさの部分だけをチョイスして合成し、いい感じの一枚の写真にしてくれるという機能なわけです。これをすれば、明るすぎて白飛びしてしまうことや暗すぎて黒つぶれしてしまう現象を防ぐことができます。

料理の撮影の時は逆光で撮ることが多くなるので、料理の正面側が黒く潰れてしまわないように、HDRモードで撮影してみましょう。

ちなみにこのHDRモードはちょっとした欠点もあって、一度に3枚の写真を生成するため、若干撮るのに時間がかかってしまいます。そのため普通の写真を撮るよりも手ブレしやすいので、上で書いたようにしっかりと脇を締めて手ブレしないように撮影しましょう!

レフ板を使おう

もう1つの方法は、レフ板を使うことです。レフ板というのは、白くて丸い板(四角いものもあります)で光を反射して人の顔や物の暗い部分を明るく起こしてあげられるカメラ機材の1つです。
とはいえ、スマホで写真を撮ることがメインの人がレフ板なんかを持っているはずがありませんよね。でも大丈夫です。誰でもお金をかけずにすぐにレフ板を作れちゃいます。
レフ板というのは、結局光を反射することができればいいわけです。つまり白い紙が一枚あれば、それだけでレフ板代わりになっちゃうんです笑

使い方は簡単。光の入射角に対して反対側に白い紙を置いてあげれば、それだけで光が反射して影を明るく起こしてあげることができます。

フラッシュはOFFにしておこう!

逆光で撮る時に、よく使われるのがフラッシュです。しかし料理を撮る時にフラッシュはOFFにしておきましょう。スマホのフラッシュは正面からしか当てられないので、せっかく綺麗な逆光の光もフラッシュで台無しになってしまします。またスマホのフラッシュは基本的に綺麗ではなく、被写体にべちゃっと当たったような汚い光になってしまいます。フラッシュを使いこなすには結構な技術が必要になってくるので、使わないようにしましょう。

窓際の明るい場所で撮影しよう

写真を撮る時に、どこで撮るのかということはとても大事な要素です。料理を撮る時は窓ぎわの自然光がたくさん入る場所で撮りましょう。やはり料理の写真は暗いよりも明るい方が美味しそうに見えます。

また窓際で撮る時のコツとしては、窓のレースカーテンを閉めて撮ることです。レースカーテンを閉めると、開けている時より少し暗くなってしましますが、直射日光よりも柔らかい光になるためコントラストが強くなりすぎない、優しい雰囲気の写真に仕上がります。

いろいろな構図や角度で料理を撮影してみよう

もう1つ料理を撮る上で大事なのは構図とアングルです。構図とアングルなんて言われると難しそうなイメージがありますが、ここでは料理に使える構図とアングルを紹介していきますので、真似して撮ってみてください。

斜め45℃の角度から撮影する

料理の撮影の基本的なアングルは斜め45℃と言われています。人が料理を食べる時の視点が斜め45℃暗いと言われていて、その角度で撮ってあげると違和感なく受け入れられるためです。まずはこの角度で撮ることから始めてみましょう。

斜め45℃は人の視線の角度

斜め45℃は人の視線の角度

料理の器を一部切りとる

これも料理写真の王道です。大きな器に入った料理の写真を撮る時に全体を写そうとすると、どうしてもこじんまりとしてボリューム感が出づらくなります。そんな時に料理の器を一部切り取って撮影してみてください。そうすると、全部を映さないことで逆にボリューム感のある料理の写真が表現できちゃいます!

器全体を写すよりも切り取った方がボリューム感が出る。

器全体を写すよりも切り取った方がボリューム感が出る。

俯瞰で撮ってみる

料理界で今流行りの俯瞰写真ですね。俯瞰で写真を撮ると、料理だけでなくテーブルの雰囲気も伝わってくる写真になります。また、先ほどの切り取りの手法を使って1つの料理を撮ってみても、ボリューム感が演出できるので、俯瞰と切り取りの組み合わせで撮影してみてもいいですね。

料理の美味しい撮り方

俯瞰で撮る時の注意点としては、スマホと自分の手の影が料理に被らないようにすることです。電球などの下で撮影していると、どうしても影が被ってしまうので、やはり窓際の自然光で撮ることをお勧めします。

高さのあるものはローアングルで撮る

料理によっては斜め45℃ではなく別のアングルから撮ってみるのも1つの手法です。例えば、ハンバーガーやパンケーキなど高さのある食べ物は、ローアングルで撮影した方がそのボリューム感が表現できます。他にもハンバーグやステーキなどの肉料理は、ローアングルでグッと寄って撮ってあげると、ボリューム感だけでなく肉々しさが出てジューシーな写真になります。

スマホでも簡単に料理が撮れる

いかがでしたでしょうか?スマホで撮る時も、一眼レフで撮る時も基本は同じですし、そんなに難しいことはありません。スマホで撮る時は、ズームで撮ることとHDRモードを使ってみることを意識して撮ってみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

*