【一眼レフ初心者講座】ISO感度とは?ISO感度の設定の仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ISO感度を上げれば星の撮影もできる。

カメラを使いこなすためには、F値、シャッタースピードはもちろんですが、もう一つ最低限覚えておかないといけないものがあります。それはISO感度と呼ばれるものです。ISOとそのままアルファベットで読む方もいますが、一般的にISOと書いて「イソ」と読みます。
聞いたことはあるけど、何のことかはいまいち分からない。という方もいらっしゃるのではないでしょうか?これを機会に覚えておくと今後のカメラライフに役立ちますよ!

ISO感度でカメラの露出を調整することができる。

以前に、F値とシャッタースピードでの写真の露出の設定の仕方を書きましたが、このISO感度でも写真の露出を調整することができます。
ISO感度とは、カメラのイメージセンサー(フィルムカメラで言うフィルムに当る部分)の光に対する感度のことを指します。つまり、ISO感度が高ければ高いほど(=光に対する感度がいいほど)、写真は明るくなります。一方、ISO感度が低ければ低いほど(=写真に対する感度が悪いほど)写真は暗くなると言えます。
カメラの他の機能がそうであるように、ISO感度も数値で表記されます。
数値が低ければ低いほど露出が低く、数値が大きくなればなるほど露出は高くなります。
一眼レフカメラの場合、大体ISOというボタンがカメラにあるのでそこから設定することができますが、ない場合でもメニューからISOの項目があると思いますので、そこから設定しましょう。

ISO200で撮影。暗くて何が写っているのかよく分からない。

ISO200で撮影。暗くて何が写っているのかよく分からない。

ISO400で撮影。

ISO400で撮影。

ISO800で撮影。

ISO800で撮影。

ISO1600で撮影。だいぶ明るくなった。

ISO1600で撮影。だいぶ明るくなった。

ISO3200で撮影。

ISO3200で撮影。

ISO6400で撮影。かなり明るいが、やや露出オーバーか。

ISO6400で撮影。かなり明るいが、やや露出オーバーか。

ISO感度で手ぶれ防止ができる

シャッタースピードの記事でも説明しましたが、シャッターで露出を調整しようと思うと、スローシャッターにするしかありません。しかし、スローシャッターにするとブレる可能性が高くなります。例えば結婚式会場などで、ファーストバイトのシーンを撮る時、シャッタースピードを遅くしてしまうとブレやすくなってしまいますよね。そんな時にISO感度で露出を上げればブラさずに狙った写真が撮れるようになります。

高感度での撮影は、画質が荒れるので注意!!

なるほど!じゃあ、暗い写真にならないように感度を元から上げておけばいいんだね!と言う方は注意です。ISO感度にはちょっとした落とし穴があり、感度を上げれば上げるほど画質が悪くなってしまいます。
分かりやすく言うと、ドランゴボールの悟空が界王拳を使うのと同じです。悟空の場合、界王拳を二倍、三倍、四倍…と段階を上げるごとにスピードやパワーが増しますが、その代わり体に対する負担も非常に大きくなります。
カメラも同じで、ISO感度を上げれば上げるほど、カメラの露出は高くなりますが、肝心の写真が痛んでしまいますので、むやみやたらに感度を上げるのではなく、なるべくF値やシャッタースピードで対応するようにしましょう。また、感度をあげたことによる画質劣化(ノイズなど)によって写真のピントが甘く見えがちなので注意が必要です。

外では100〜250、室内では400〜1600が目安

ISO感度は低いにこしたことはないので、外での撮影のときはなるべく低く設定しています。これは私の個人的な見解ですが、外(晴天日中の場合)では100〜250くらい、室内(ストロボなし)では400〜1600くらいで撮影するようにしています。

ISO1600くらいであればそこまで荒れない。

カメラの機種にもよるので一概には言えないのですが、最近のデジタルカメラは高感度にも耐えられるようになってきており、A4サイズに引き延ばしたとしても1600くらいであればほとんど気になりません。


ISO200

ISO200

ISO400

ISO400

ISO800

ISO800

ISO1600

ISO1600

ISO3200

ISO3200

ISO6400

ISO6400

上の画像は、ISO感度は変えて撮影していますが、画質の変化が分かりやすいようにあえて同じ露出になるように、シャッタースピードも変更しながら撮影しています。みなさんも見て分かるように、正直画質の良し悪しはこのサイズだと分かりませんよね?ブログなどで小さく画像を使う程度であれば、あまり画質に関しては気にする必要がないというのが正直な所です。
私はイベントの撮影等では、暗い会場であることが多いので、場合によっては3200くらいまで上げてしまうこともあります。もちろんその場合は、写真を大きく引き延ばさないということが前提になりますが。
基本的に画像の荒れは、シャドウ部分に強く出る傾向がありますので、ローキーの作品を撮る場合は特にISO感度に気をつけましょう。

ISO200

ISO200

ISO6400。アップにすると画質の荒れが目立つ。

ISO6400。アップにすると画質の荒れが目立つ。

表現したいシャッタースピードとボケ味を決めた上でISO感度を調整しよう。

いかがでしたでしょうか?ここまで読んで分かったように、ISO感度の設定自体はそんなに難しい話ではありません。むしろ大切なのは、写真をブラして撮りたいのか?どれくらいのボケ味で撮りたいのか?その時の写真の露出はどれくらいが望ましいのか?などと、自分の表現したい写真をはっきりさせた上で、ISO感度を設定することですね。設定の順番としては、まずは自分の撮りたいF値(どれくらいボカしたいのか?)とシャタースピード(ブラしたいのか?それともブラしたくないのか?)を設定する。その上で露出が暗ければ、ISO感度を上げる、明るすぎればISO感度を下げる、といった感じになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメント

コメントを残す

*