DJI Osmoレビュー!僕が買わないと決めた3つの理由。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
OSMO

質のいい動画を撮ろうと思うと欲しくなるのはやっぱりスタビライザーですよね。中でも最近僕が気になっていたのは、カメラとスタビライザーが一体型になっているDJI Osmo!ちょうどレンタルする機会があったので、試しに使ってみたレビューを書いてみようと思います。

正直なところ微妙だった

待ちに待ったDJI Osmoですが、実際に使ってみたところの評価は正直微妙。。と言うのが率直な感想でした。接続、音声、バッテリー、画質の3つの点から書いていきます。

Wifiの接続がブツブツ切れる

個人的に一番ダメだったのがWifi接続でした。
DJI OsmoはスマホとWifiで接続して、スマホの画面でライブビューを見ながら使用します。しかしそのOsmoのwifiがつないでもすぐ途切れてしまうのです。最初立ち上げた瞬間は一瞬映るのですが、すぐに画面が真っ暗に、、これじゃあ何も撮影できません。
この日代々木公園で試し撮りしていたのですが、場所のせいかもしれないなと思い、代々木公園から離れた通りで再挑戦してみたところようやく安定して使えるように。

よくマイクでも場所によっては電波の干渉によってノイズが入ることがありますが、それと同じでしょうか?場所によって使える使えないのであれば正直使い物にはならないかなーと。
もし電波が原因なのであれば、Wifiではなくコードで直接つなぐ仕様にするか、本体にモニターをつけるかしてほしいところですね。

マイクの音質が悪い

次にこれもちょっと許容範囲外。マイクの音質が悪いです。申し訳程度に小さなマイクがセットで付いてきたのですが、これを使ったところで音質はあまり良くありませんでした。
しかもこのセットで付いてきたマイク、カメラのアングルによってはがっつり写り込んでしまうというお粗末具合。

Osmoの付属品マイク

Osmoの付属品マイク

他の方のレビューを見ても、一番文句を言われているのはマイクの音でしたね。どうやらRODE VideoMicroという別売りのマイクが販売されているそうで、これをつけるとかなり音質が良くなるようです。OSMO本体と別売りマイクも買って大体7万円くらいですか…。それだったらもう少し出して、普通の電動式スタビライザー買おうかなってなりますよね笑

バッテリーの持ちが悪い

OSMOを買わない3つ目の理由はバッテリーです。公式では約1時間ほどバッテリーが保つと言われているようですが、実際のところまぁ40分くらい保てばいいんじゃないでしょうか?ちょっとバッテリーの減りスピードが速すぎます。
ドローンと違ってスタビライザーは撮影において登場シーンが多いものです。30-40分で電池が切れるようであれば、何本変えのバッテリーを持ち歩かなくちゃいけないんだろう笑

スマホのライブビュー画面。上で赤く表示されているのがバッテリー残量。

スマホのライブビュー画面。上で赤く表示されているのがバッテリー残量。

しかも、上でも書いたようにWifiの接続がうまくいかず、その間にもどんどんバッテリーが失われていきます…。さらにスマホも使うので、こっちのバッテリーも消費していく…。

旅行の時のムービーを撮るのにも、30-40分しか撮れないのであれば一般使用にも微妙ですね。

DJI OSMOは中途半端な印象

さて、僕がDJI OSMOを買わない理由を3点あげてきましたが、もちろんいい面もあります。それはやはり機械式スタビライザーよりも設定がはるかに楽ということです。機械式スタビライザーは設定するのに20分くらいはかかってしまうのに比べて、電動式のOsmoはたったの1分くらいでできてしまうのはやはり魅力だと思います。

でも!

やっぱり買うというところまでいかない、そしてみなさんにお勧めしないのは、Osmoの立ち位置が中途半端な印象を受けるからです。
プロが使う機材としてはやはり上記の3点の時点でちょっと難しいことはわかると思います。かといって、一般の方向けにオススメできるかというとそうでもないというのが個人的な評価です。
というのも上にも書いていますが、バッテリーの消費が早いというのはプロアマ関係なく問題です。また設定が簡単とはいえ、遊んでいる最中に毎回1分くらいかけてセットするのも何気に手間ですよね。しかもいくら電動式スタビライザーとはいえ、操作にはそれなりの技術が必要です。

そして極め付けはDJI OSMOの値段。遊び用に6万ものスタビライザーを買うというのはやはり現実的ではありません。あたりくカメラが買えてしまう値段ですからね…。

あとはこれは個人の好みの問題も入ってきますが、ちょっと広角すぎるのが気になります。もう少しズームだといいなぁ。
まぁヘッドの部分だけ交換することもできるみたいですが、それでまたお金がかかるわけです。だったら余計により高性能な電動式スタビライザー買っちゃいますね〜。

どうしても欲しい人はレンタルから始めてみよう

はい、というわけで僕も気になっていたOsmoですが、以上の理由から購入するのは断念しました。
もしどうしても欲しくてしょうがない人は、1日5000円から借りれるところもあるので、試しにレンタルしてみることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

*