料理を美味しく撮るマル秘テクニック!コツは光と構図とアングル。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
料理の美味しい撮り方

オシャレなお店に美味しいご飯を食べに行くと、料理の写真を撮ってSNSにアップしたくなりますよね。
しかし、意外と難しいのがこの料理写真。今日は料理を美味しく撮るコツをお教えします!

料理を美味しく撮る光とは 3つのポイント


①逆光でシズル感を出す

写真で最も大事な要素は光です。料理の場合も同じことが言えます。
料理の場合は逆光を意識して撮ると美味しく撮れることが多いです。その理由はシズル感です。
シズルという言葉を聞いたことがある方も多いとは思いますが、料理のみずみずしさやジュージューとした美味しそうな雰囲気のことを意味します。

逆光は光の反射などが出やすい光で、逆光で撮ることで料理のシズル感も出しやすくなるのです。

料理を美味しく撮る方法

逆光で湯気も出やすく

また、逆光には湯気が出やすくなるという効果もあります。湯気の細かい蒸気の粒子に反射して、白い湯気が見えやすくなるのです。
ちなみに、背景を黒くするとより湯気が目立つようになります。白背景では白い湯気が背景と同化して見えなくなってしまうので、背景はなるべく暗い場所か黒い場所を選ぶといいですね。


②レフ板を使ってみる

とはいえ、逆光で撮影すると肝心の正面部分が暗くなりがちですよね。そんな時に活躍するのがレフ板です。レフ板で暗い部分に光を当ててあげれば、正面も明るく起こすことができます。プロのカメラマンも料理の撮影の際にはレフ板を使うことはかなり多いです。

レフ板なんて持ってないし、いちいち持ち歩かないよ〜という方も大丈夫です!実はレフ板なんかなくたって、白い紙一枚あれば十分レフ板代わりになっちゃうんです。
使い方は簡単。レフ板と同じように、向かってくる光の反対側に白い紙を置くだけで、紙が光を反射して影になった部分を明るく起こしてくれます。

レフ板を使うときのコツは、光の反対方向にレフ板を構えることです。そうすることで多くの光をレフ板で捉えることができ、影をより明るく起こすことができます。


③光源を意識する

ひとえに光と言っても色々な種類の光があります。自然光だったり、LEDの光だったりカフェのような白熱灯の光だったり…。この中でも難しいのが白熱灯の光です。街中のカフェを見てもわかるように、白熱灯は黄味がかった暖かい光を出すのに向いている光源です。カフェの中のような雰囲気を出したいのであれば、白熱灯でもいいのかもしれませんが、基本的に白熱灯は料理に色かぶりしてしまい、食材のフレッシュな雰囲気を出すのには難しい傾向にあります。

ちなみに料理を撮る上で最も撮りやすい光源は自然光です。自然光は柔らかく爽やかな光を演出しやすいので、なるべく夕焼けで赤くなる前の自然光で撮影することをお勧めします。


④なるべく明るくボカして撮る

料理の写真は料理雑誌danchuのように暗くても雰囲気のある写真もありますが、あのような写真を撮るにはかなりの技術と機材が必要になります。機材や技術がそこまでなくても美味しそうに撮るためには、やはり明るく撮ってあげることが第一でしょう。写真を明るくする際になるべくF値を開放気味にしてあげると、周りのものがボケてメインの料理が目立ちやすくなるとともに雰囲気も出てきます。ただし、あまりボカしすぎると、料理のほんの一部分しかピントが合っていない、微妙な写真になってしまうので、F5.6以上は開放にしない方がいいでしょう。

料理を美味しく撮る構図とは 5つのポイント

次に大事なのは構図です。プロとアマの違いは光と構図と言い切っても過言ではないくらい、この二つは大事です。


① メインの食材を前に持ってくる

当然の事ですが、料理の写真とはいえど何が主人公なのかをはっきりさせてあげた方が写真はすっきり見えます。メインの料理を手前に持ってきてあげて、何の写真なのかをわかりやすくしてあげましょう。

この場合は、ハンバーグがメインになるので、ハンバーグを前に持ってくる。 目玉焼きが正面にきてしまうとハンバーグの写真ではなくなってしまう。

この場合は、ハンバーグがメインになるので、ハンバーグを前に持ってくる。
目玉焼きが正面にきてしまうとハンバーグの写真ではなくなってしまう。


②メインの料理にグッと寄って撮ってみる

料理の写真は引で撮るより、グッと寄って撮った方が食材のディティールが見えて美味しそうに見えます。また寄って撮ることで、周りの余計なものが排除されて他のものに目が取られないという効果もあります。さらにシズル感の視点でいうと料理がグツグツしている様子などはグッと寄ってあげた方がわかりやすく表現できます。

料理を美味しく撮る方法

③ 高さのある食べ物はローアングルで

高さのある食べ物はローアングルで撮ることで、立体感が出て食材の大きさを表現することができます。ハンバーガーや数段積みのパンケーキなどは少し低いアングルから撮ってみましょう。他にもハンバーグなども低いアングルから撮ってあげると、ボリューム感が演出できていいですね。


④ 全体の雰囲気を見せたいときは俯瞰で

料理というよりはテーブル全体の雰囲気を撮りたいときは、いま流行りの俯瞰で撮ってみましょう。この時にフォークを持っている手を入れるなど一工夫するだけで、さらに雰囲気のある写真に仕上がります。
俯瞰の時に注意したのは照明です。照明が真上にある場合、上からかざしたスマホやカメラが影になってしまい、残念な写真になってしまうので、照明は消して外からの光だけで撮るといいですね。

料理の美味しい撮り方


⑤ お皿は全体を映さずに切りとる

料理を撮るときの構図テクニックとしてよく使われるのがキリトリです。お皿全体を映さずにあえて一部切り取って撮ることで、引いて全体を撮った時よりもボリュームが多く見えるようになります。

料理を美味しく撮る方法

料理を美味しく撮るアングルとは 2つのポイント


① 料理を食べる人の視点で撮る

料理を撮る上で大事な要素の3つ目はアングルです。写真はアングルが変わるだけで写真の雰囲気はかなり変わります。
例えば、先ほど背の高いものはローアングルで撮ると書きましたが、そうすると料理そのものの大きさは表現できる一方で、急に物っぽくなってしまうというデメリットもあります。
料理撮影での基本となるアングルは、やはり料理を食べる時の目線で撮ることです。よく言われるのは斜め45度というのは、人の目線が約45度だからです。人が最も料理を見慣れている目線で撮ることで、違和感なく見る人に料理の美味しさを訴求することができるのです。


② 三脚をつけて撮影してみよう

とはいえ、最初のうちはどんなに撮ってもなかなかしっくりくるアングルで撮れないものです。そんな時は三脚にカメラをつけて撮ってみましょう。三脚にカメラをつけていれば、「ちょっとアングルが違うなぁ」と思っても構図をずらさずにアングルが簡単に変えられるだけでなく、料理やお箸の位置も楽に変えて撮れます。撮影時間の短縮にもつながるので、料理の写真を撮り始めの人には三脚を使うことをお勧めします。

料理を撮るには長めのレンズを使おう

料理を撮る上で、大事なポイントがもう一つあります。それはレンズの選択です。ご存じの方は多いとは思いますが、レンズというのは広角になればなるほど歪みが発生します。上にも書いた通り料理はなるべく寄って撮りたいものですが、広角レンズだと寄れば寄るだけ歪みが強くなってしまいますよね。なので料理を撮影するときはなるべく長めの、できれば80mm以上のレンズで撮りましょう。マクロレンズがあるとよりいいですね。

まずは光から変えてみよう!

料理を撮る上での3つのポイント、理解できましたでしょうか?いきなりすべてのことをするのは難しいので、まずは最も変化が出やすい光から意識して撮ってみるといいかもしれませんね!追記ですが、料理を撮る上で色というのも美味しそうに見えるかどうがを左右する大きな要素の一つです。料理が青みがかっているとあまり食欲をそそりません。なるべく青色が被らないように気をつけて撮りましょう。

料理を美味しく撮る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

*