写真に黒い点が映り込む!原因はレンズじゃなくてカメラのセンサーだった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
赤く囲まれた部分に黒いシミが付いている

写真を撮っていて写真に黒いシミのような斑点が写り込んでしまうことはありませんか?私も初めてなった時はてっきり故障かと思って焦りました。。
今回はこの黒い点の原因と防止方法を書いていきます。

黒い点の正体はセンサーに付着したゴミ

私が初めてこの黒い点に遭遇した時、てっきりレンズに汚れがついたのかと思いレンズを一生懸命掃除してみましたが黒い点が消えることはありませんでした。それもそのはず、原因はレンズではなくカメラのセンサーに付着したホコリやチリなどのゴミだったのです。
実はレンズにゴミが付着した場合、よほど大きなゴミでない限り意外と写真には写り込まないものです。もし写真にシミが映り込む場合はセンサーの汚れに注目してみましょう。

黒い点がついてしまった時にするべき対処方法

では、黒いシミがついてしまった場合、どのようにして除去すればいいのでしょうか?

センサーをブロアーで掃除する

センサーを掃除するのに簡単な方法はブロアーで掃除してあげることです。ミラーレスカメラの場合はマウント部分を外せばすぐにセンサーが見えますが、一眼レフカメラの場合は、まずミラーをあげてセンサーを見える状態にする必要があります。一眼レフにはどれもミラーアップ機能がついているはずなので、マウントを外してミラーアップしてみましょう。ミラーアップしてセンサー部分が見えたらそこをブロアーで掃除してあげます。

一眼レフはミラーアップするとセンサーが見える。

一眼レフはミラーアップするとセンサーが見える。

この時重要なのは、センサー部分を上に向けずに下に向けた状態でブロアーしてあげることです。なぜなら上に向けた状態でセンサーをむき出しにすると、そこからホコリが侵入して新たな黒シミの原因になるからです。ホコリは入る時はどうしても入ってしまうものですが、少しでも危険を少なくするためにブロアーする時は必ずセンサーを下に向けて掃除ましょう。

マウント部分を下に向けながらブロアーをかけると、埃が入りづらくなる。

マウント部分を下に向けながらブロアーをかけると、埃が入りづらくなる。

カメラのセンサークリーニング機能を使う

もう一つ簡単な方法として、カメラ備え付けのセンサークリーニング機能を使うことです。これはセンサーを直接こすって清掃しているわけではなく、センサーを振動させることで付着した埃を落とす機能だそうです。黒い点が映り込む時は意外とこのセンサークリーニングで解決できちゃう時があります。一回で取れない時は何度か試してみましょう。

メーカーのサポートセンターに持って行く

上の二つの方法でも解決できない場合はメーカーのサポートセンターへ持って行くとセンサークリーニングをしてくれます。保証期間内であれば無償で、それ以降でも1000〜3000円程度でクリーニングしてくれます。ちなみにこの時にレンズをつけたまま出すと、レンズの外装も一緒に掃除してくれます。
私の場合、普段は自分でメンテナンスしていますが半年に一回はメーカーのセンサークリーニングに出すようにしています。

ちなみにカメラのキタムラなどの業者に出すこともできますが、結局業者経由でメーカーに出しているだけなので時間がかかってしまいます。(最低でも二週間以上はかかると思ってください。)急いでいる方であれば、直接メーカーに出した方が早く手元に届くかと思います。

市販のイメージセンサークリーニングキットを使ってみる

とはいえ、忙しい方や地方にお住いの方々はなかなかサポートセンターに足を運ぶのも大変ですよね。私はあまりお勧めしませんが、センサークリーニング用のキットが売っていたりしますのでそちらを試してみるのも手かもしれません。

PENTAX 【リンク】イメージセンサークリーニングキット

棒の先に粘着性のゴムのようなものが付いていて、それでセンサーの埃を除去するという仕組みになっています。センサーは非常にデリケートな部分なので、私は自分で触ったりすることはありませんが、どうしてもという方はこちらの方法で掃除してみる方法もあります。

私はメーカーにクリーニングへ出すことを推奨しますので、あくまでも自己責任で行うようにしてください。

カメラの掃除機、Fujinを使って見る

他にもIPPという愛知県の会社が出している、Fujinというカメラの掃除機のようなアイテムも出てきています。
カメラのレンズのようにカメラボディに設置してスイッチをオンにすると、Fujinのモーターがカメラ内に空気を送り込み、ボディに入ってしまった埃を巻き上げて外に出してくれるという仕組みのようです。

私は使ったことはないのでその効果はわからないのですが、Amazonのレビューでは使えるという人もいれば、期待はずれという人もおり、賛否両論の機材です。おそらく、しっかり自分でブロアーなどでメンテした上で使うと、更にいいよといったレベルのものではないかなと思うのですが、個人的にはちょっと気になる機材ではあります。

発売当初はcanonにしか対応していなかったようですが、今はnikon用のFujinも発売されているようです。

Fujin

絶対にやってはいけないこと

イメージセンサーはとてもデリケートな部品です。ちょっとした傷や汚れが写真の画質に大きな影響を与えかねません。センサーの掃除をするためとはいえ間違った方法で掃除しようとするとかえって大変なことになりかねないので、以下のことは絶対にやめましょう。

・ 指で埃を取る

こんなこと言われなくてもやらないよ!と思うかもしれませんが、超初心者の方は意外とやりがちです。指で触るとセンサーに皮脂汚れがついてしまうので絶対にやめましょう。万が一指紋がついてしまった場合、自分で何とかしようとせずに、必ずメーカーのサポートセンターに出すようにしましょう。

・ 息を吹きかけて埃を取る

これも絶対にダメです。ブロアーと一緒じゃん!と思いがちかもしれませんが、息を吹きかけた時に唾も一緒に飛んでいく恐れがあります。

・ エアスプレーを使って掃除する

エアスプレーも一見良さそうですが、ノズルが飛んでセンサーにガッシャーンという危険性もあるので避けたほうがいいです。

・ 埃のつきやすい布や紙で拭く

こちらも危険な行為です。埃を取ろうと思って拭いたら余計に埃が増えてしまったということになりかねません。無水エタノールをつけた綿棒で掃除する人もたまにいますが、綿棒は埃が出やすいのでやめましょう。
無水エタノールを使って掃除する場合は、シルボン紙という埃の出にくい紙を使うようにしましょう。

レンズの交換をする時は必ず下を向けて交換しよう

一眼レフカメラは、どうしてもレンズを交換する時にカメラ内部がむき出しになるため、埃が入ってしまうことがあります。どんなに気をつけていても入る時は入ってしまうのです。少しでもホコリの侵入を防ぐためにも、レンズ交換する時はカメラのマウント部分を下に向けて交換する、ホコリの少ない部屋(乾燥した浴室など)で交換するなど普段から気を使って扱うようにしましょう。

マウント部分を下に向けながらレンズを交換する。

マウント部分を下に向けながらレンズを交換する。

Photoshopのパッチツールで汚れを修正する方法

最後にPhotoshopの後処理で解決する方法を紹介します。
近年はPhotoshopの機能が格段に向上していて、小さな黒いシミくらいは簡単に消せてしまいます。いろいろな方法がありますが、今回は最も簡単なパッチツールを使って消してみましょう。

まず修正したい写真をPhotoshopで立ち上げ、ツールバーからパッチツールを選択します。(写真のマークがパッチツールのアイコンです)

パッチツールはペンツールと同じように、左クリックを押しながら画面をなぞりながら修正したい箇所を囲みます。

パッチツールで修正箇所を囲む

パッチツールで修正箇所を囲む

次に囲んだ部分をドラッグ&ドロップすれば、あっという間にシミは消えてしまいます。

真ん中下の黒シミが消えた

真ん中下の黒シミが消えた

このように簡単に修正することができます。

ただ、やはり基本的にはセンサーやレンズにゴミがつかないようにすることが大前提なので、機材のメンテナンスをしっかりするようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

*