正しいメンテナンスがカメラとレンズを守る!掃除の仕方と道具のあれこれ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
一眼レフはミラーアップするとセンサーが見える。

みなさん自分のカメラとレンズを大事に使ってますか?どんなに大事に使っていても、いつの間にか汚れてしまうものです。カメラは精密機械なので、ぞんざいに使っていると壊れてしまう恐れもあります。大事なカメラを長く使うためにも、正しい掃除の仕方を覚えてしっかりとメンテナンスしてあげましょう!

カメラの手入れに必要な道具

カメラの手入れに最低限必要な道具はこちらです。
・ ブロアー
・ クロス
・ クリーニングペーパー
・ クリーニング液
・ 綿棒

カメラ レンズ クリーニング キット

ブロアーがメンテナンスの第一歩

ブロアーって聞いたことありますか?カメラの掃除の基本はまずはブロアーからです。

ブロアーとは丸いゴム部分を圧縮することで、空気を吹き出してレンズについたホコリなどのゴミを飛ばすカメラの代表的な掃除道具のことです。これでレンズについた埃やカメラの中に入り込んでしまった埃を吹き飛ばして掃除をします。

レンズ交換をする時にブロアーをすることで、カメラやレンズ内に埃が侵入するリスクを減らすことができます。また海辺などの砂が多い場所で撮影した後などは必ずブロアーをすることをお勧めします。
レンズの汚れを取る時に、クロスなどで拭いたりすると思いますが、絶対に先にブロアーをしてから拭きましょう。レンズにゴミが付いたまま拭くと、レンズに拭き傷が付いてしまします。

また雨などでレンズに水滴が付いてしまった時もブロアーで吹き飛ばすこともできます。

ちなみにこれは個人的な意見ですが、ブロアーはなるべく音のうるさくないものを買うようにしましょう。ブロアーは必ず音がしてしまうものですが、音がうるさいとそれがストレスで場所によっては使いづらい場合があります。なるべく音の小さいものを買うとストレスなく使うことができます。
私はブロアーの先に筆のようなアクセサリーが付いているタイプのものを使っていますが、これはブロアーでも飛びにくいゴミを払うのに便利なのでオススメです。

Kenkoの筆付きブロアー

Kenkoの筆付きブロアー

Kenko クリーニング用品 パワーブロワー ブラシ付きタイプ

ブロアーの使い方

ブロアーを使う時は必ずカメラ本体やレンズ内に埃が入らないようにして使いましょう。具体的にどのようにして使うのか、下の写真を見てください。

マウント部分を下に向けながらブロアーをかけると、埃が入りづらくなる。

マウント部分を下に向けながらブロアーをかけると、埃が入りづらくなる。

マウント部分を天に向けてブロアーをすると逆に埃が入ってしまう恐れがあるので、写真のように必ずマウント部分を下に向けてブロアーをかけます。
レンズも同様にマウント部分を下に向けて、レンズに埃が入り込んでしまわないように気をつけましょう。

レンズの汚れは専用のクリーニングペーパーとクロスで拭こう

カメラ機材のメンテンアンスの仕方

レンズは綺麗に使っているようで、いつの間にか汚れてしまっているものです。触った記憶もないのに皮脂汚れがついていたりします。たまに洋服やハンカチ、ティッシュなどでレンズを拭いている人を見かけますが、レンズが傷つきますので絶対にやめましょう。
レンズ汚れの掃除に使うのは、専用のクリーニングペーパーとクロスです。クリーニングペーパーの存在を知らないという方もいらっしゃると思いますが、レンズ清掃用の薄くて柔らかいあぶらとり紙のようなものです。(※あぶらとり紙はレンズ用に作られていないので、レンズには絶対に使わないでください。)クリーニング液とセットで売られていることも多く、クリーニング液をペーパーに染み込ませてから使います。使う時はレンズの中心から円を描くようにして拭いていきます。そうすることで、レンズの中心に汚れやホコリが残りにくくなります。

クリーニングペーパーはレンズの表面だけでなく、カメラ本体やレンズの外装部分などの清掃にも使えますので、いろいろな部分を掃除してあげてください。
レンズの汚れは基本クロスでの清掃で問題ありませんが、クロスでもなかなか取れない汚れをクリーニングペーパーで拭くようにしましょう。清掃頻度としてはどちらも毎日する必要はなく、汚れが気になる時にする程度でいいと思います。

ちなみにクリーニングペーパーとクリーニング液ですが、最初からクリーニング液が染み込まされているタイプのクリーニングペーパーも売っています。そちらの方が手間も省けて便利かもしれませんね。
この辺りの道具は機能的にどれもさほど変わらないので、どれを使うべきか悩む必要はありません。ビックカメラやヨドバシカメラに置いてある、コスパが良くて自分の使いやすそうなものを選んで使いましょう。

綿棒で細かい汚れを取る

レンズの端や本体の細かい部分にはホコリや汚れが溜まりやすいですが、狭くて中々掃除がしにくいものですが、そんな時に綿棒が役立ちます。綿棒はカメラ用の先が尖ったものが売っていますが、市販の普通の綿棒でも問題ありません。
他にもレンズとカメラの電気接点部分の掃除も綿棒で清掃できます。電気接点の清掃は意外と大事で、あまり汚れてしまうとAF作動がおかしくなってしまうこともありますので定期的に掃除してあげましょう。(AF作動がおかしくなるほどの汚れはそうそうないですが…)

綿棒で汚れを掃除する

綿棒で汚れを掃除する

カメラは湿気の少ない風通りの良いところに保管しておこう

カメラのメンテナンスは掃除だけではありません。きちんとした方法で保管しておかないと、レンズのカビなどの原因につながります。
使い終わったカメラやレンズはホコリのかぶらない場所に保管しておくことは基本ですが、カビの原因につながる湿気にも気をつけましょう。ずっとカメラバックの中にしまっておかずに、定期的に風通しの良い場所に置いて乾燥させたり、湿気の多い梅雨の時期などはカメラの置いてある部屋を除湿するなどのメンテナンスが必要です。

レンズの保管にはレンズ専用の防湿庫というものがあり、そこに保管しておくのが最も良いのですが、安いものではありません。ドラッグストアなどに売っている除湿剤や乾燥剤をカメラバックに入れることで代用してもいいと思います。

手入れをしっかりして愛機を長く使おう

カメラは多少の衝撃には耐えられるように作られているとはいえ、デリケートな精密機械です。きちんとメンテナンスしてあげないと故障などの原因につながります。長く使ってあげるためにも、しっかり手入れしてあげましょう。

基本的にブロアーでの手入れは使うごとに、レンズの汚れは気がついた時にすることをオススメします。レンズの表面は意外と丈夫にできているので簡単にダメになることはありませんが、やはり湿気は天敵ですので保管には注意してあげましょう。

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

*