ふんわりとした淡い写真の撮り方。キーワードはハイキーとボケと逆光

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ふんわり写真の撮り方

ここ数年、ふんわりとした柔らかくて淡い雰囲気の写真が流行っていますね。女子カメラとも総称されたりもするこの作風ですが、コツさえつかめば意外と簡単に誰でも撮れてしまいます。
今日はふんわりとした写真の撮り方について覚えましょう!

写真をふんわりさせるポイント

ふんわりした写真の特徴には、「明るい写真」「ボケた写真」「コントラストの低い写真」と言ったポイントがあります。

露出をハイキーにしてふんわり仕上げる

ふんわり写真の最大の特徴はハイキーであることです。ハイキーとは露出の高い「明るい写真」のことを言います。ハイキーな写真に仕上げるためには、ISO感度を上げたりシャッタースピードを遅めにしたりといろいろな方法がありますが、今回の場合は絞りを開放にするという方法をオススメします。

ハイキーに設定して撮影

ハイキーに設定して撮影

ハイキーな写真では白飛びに注意しよう

ただし、この時注意が必要なのは露出を高くしすぎて白飛び写真にならないようにすることです。白飛びしてしまうと、白飛び部分には色や光の情報が残らず階調のない写真になってしまうからです。後でPhotoshopで修正しようとしても、白飛びしてしまった部分はもう取り戻せません。
撮影する時に白飛びしないギリギリのラインを狙って撮影しましょう。
白飛びしない写真を撮るためのコツとしては、カメラに備え付きの「ハイライト警告」という機能をオンにしておきましょう。これをオンにしてけば、白飛び部分が白黒に点滅して教えてくれます。

F値を開放にしてボケみを強くしよう

F値を開放に設定するとボケみが強くなり、より写真にぼんやり感・ふんわり感が増します。絞りを開放にすることでふんわり写真のポイントである「明るい写真」と「ボケた写真」の二つをクリアすることができます。
しかしこれだけではふんわりした写真には今一歩足りません。

逆光で撮ってフレアを利用しよう

上ではカメラ側の設定について書きましたが、今度は光について意識して撮ってみましょう。
ふんわり写真を撮るのに一番簡単な光は逆光です。逆光で撮ると暗くなっちゃうじゃんって思うかもしれませんが、そこは上で書いたカメラ側の設定でハイキーに仕上げるんです。逆光状態でハイキー撮影をすると、あら不思議。ふんわりとした、「コントラストの低い写真」になるんです。
さらに言うと、この時フレアという現象をうまく使うことでもっとふんわりと仕上げることができます。フレアとは逆光や半逆光で撮影した時に起きる、光が写真にかぶったような状態のことです。白っぽく、コントラストが低いしまりのない写真になるので基本的には嫌がれる現象ではあるのですが、これをあえて使うことでふんわり度の増した写真に仕下げることができます。

フレアを使ったふんわり写真

光の回る場所を探そう

もう少し光について詳しく書くと、ふんわり写真で大事なのは光の回りやすい場所を探すことです。例えば光があまりない、全面黒い壁に覆われている場所でふんわり撮ろうと思っても無理があります。
オススメの場所としては、木漏れ日の入る暗くない木陰や白い壁に覆われた部屋などは光が回ってふんわり撮りやすいですね。特に地面が白い場所は、太陽光が地面から反射して全体的に光が綺麗に回りやすいのでオススメです!

またこれはよく言われることですが、撮影する時の天気はピンカン照りの晴れの日よりも、少し雲のかかった曇りの日の方が綺麗な写真が撮れます。
日差しが強い日は影がくっきり出てしまってコントラストが強くなりがちですが、曇りの日は光が柔らかくなるので、全体に光が回りやすくふんわり写真を撮影するには適した天候と言えます。

この日は曇りというより雨だったけど、光が回っていたのでふんわり撮ることができた。

この日は曇りというより雨だったけど、光が回っていたのでふんわり撮ることができた。

時間帯は早朝か夕方がオススメ

撮影の時間帯ですが、日の低い早朝か夕方がオススメです。日が低い時間帯よりも、多少日が沈見かけた時間帯の方がコントラストの低い写真がとりやすく、またフレアを起こしやすい光が入ります。

ソフトフィルターを使ってみる

ソフトフィルターを使うのも一つの手です。ソフトフィルターはレンズにつけるだけで写真全体がぼんやりと白っぽい写真に仕上がるフィルターで、女性や花の撮影などでもよく使われます。

ソフトフィルターにもハイライト部分だけに効果の出るものや、シャドウ部分にもしっかりと効果が出るのもなど様々なものがあります。

Kenko レンズフィルター PRO1D プロソフトン [A] (W) 77mm ソフト描写用

ホワイトバランスを調整してみるとさらに雰囲気のある写真に仕上がる

みなさん、ふんわり写真を撮る方法は覚えられましたか?ポイントは、「ハイキーにする」「ボカす」「逆光で撮る」ということです。あとはいい光の場所や時間帯を狙って撮れば完璧です。
さらに余裕のある人は、ホワイトバランスをいじってみるといいでしょう。木陰で撮る時は緑を強めに、桜を撮る時はマゼンタを強めに…などと調整すると、写真全体のトーンに一体感が出て可愛らしい写真に仕上がりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

*