【一眼レフ】ホワイトバランスとは?写真の雰囲気を決める色味の調整と設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
IMG_1278

写真を撮っているときに、たまにすごく黄みがかってしまったり、逆に青くなってしまったことがありませんか?その原因は、ホワイトバランス(カメラ内ではWBと表記されることが多い)にあります。
ホワイトバランスをきちんと理解して設定できるようになると、自分の撮りたい色味での写真が撮れるようになるんです!

光の色をカメラに教えてあげるのがホワイトバランス

洋服を買いに行った時に、お店で見た時と実際に家で着てみた時の服の色味の印象が違ったという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?これはお店の光の色と家の光の色が違うということから起きる現象です。どういうことかというと、例えばお店の照明が白熱灯だった場合、同じ白でも太陽の下で見える白とは違う色合いで見えますよね。全ての物はそのさまざまな光源の光の色によって見え方が変わってきます。

自然光で撮影した野球ボール。綺麗な白が表現できている。

自然光で撮影した野球ボール。綺麗な白が表現できている。

白熱灯で撮影した野球ボール。光源の影響を受け、黄色くなっている。

白熱灯で撮影した野球ボール。光源の影響を受け、黄色くなっている。

ホワイトバランスとは、この光源の色をカメラ側に教えてあげる機能のことです。人間の目は非常に優れていて、白熱灯や太陽の下、蛍光灯の下…などと、白いA4の紙をどんな状況下で見ても、脳の中で色が自動的に補完されるため「これは白だ」と、完璧ではないにしてもある程度判断することができます。しかし、カメラは人間の脳ほど優れているわけではないので、「どの色合いがここの場面では正解だよ」というのを、ホワイトバランスという機能で教えてあげる必要があるのです。

光の色を数値化した色温度

上でも既述のように、光には色があります。その色を数値化したものが色温度というものです。色温度は5400k(ケルビン)といった数値で表記され、数値が大きければ大きいほど赤みを増し、数値が小さければ小さいほど青みを増します。目安としては、太陽光が大体5200k、蛍光灯が約4200k、ろうそくの灯が約2000kと言われています。※あくまで目安のため、必ずしもそうではありません。特に最近の蛍光灯は、色温度を変えられる物も多くあります。

ホワイトバランスの設定の方。

ホワイトバランスがどこにあるのかは、その機種によって違いますが、ほとんどの機種がメニュー画面から操作できると思います。
ホワイトバランスを選択すると、「太陽光」「日陰」「くもり」「白熱灯」「白色蛍光灯」などと出てきます。そのなかで、いま自分が一番適していると思われるホワイトバランスを選択すればOK!

ホワイトバランスは写真ではなく、RGBのヒストグラムで確認する!

ホワイトバランスの設定でよくありがちな失敗として挙げられるのが、カメラのモニターで見た時はいい具合だったのに、パソコンで見てみたら思っていた色味と違った、といったミスです。
ここでみなさんにはっきりと覚えて頂きたいのは、写真の色味はモニターの写真ではなくヒストグラムで判断する!ということです。
この話はパソコンのモニターなどの話も絡んでくるため、あえて詳しくは説明しませんが、カメラのモニターの色味は必ずしも正しい色味を出しているとは言えず、あくまでも確認程度にとどめておいてください。

では、どうやって色味を確認するのか?ここで役立ってくるのが、上にも書いているヒストグラムです。ヒストグラムとは、写真の色味をRGBのグラフで表したものです。RGBとは、色の三原色のことを表しており、R=赤、G=緑、B=青を指します。この三色のグラフが、全く同じような形で表示されている場合、その写真は赤にも青にも転んでいない、適正の見たままの色味を表現できているということになります。もし、適正の色味を出す必要がある場合は、カメラのモニター上の写真ではなく、このヒストグラムに注意してホワイトバランスを調整してみてください。

光源の赤みを受けて、写真全体がRに転んでいる。

光源の赤みを受けて、写真全体がRに転んでいる。


RGBのヒストグラムがほぼ同じ波をうっており、白がうまく表現できている。

RGBのヒストグラムがほぼ同じ波をうっており、白がうまく表現できている。

ほとんどの場合、オートで適正のホワイトバランスがとれる

最近はデジタルカメラの性能もかなり向上してきており、ほとんどの場合がオートで撮影すれば適正のホワイトバランスがとれてしまいます。私も外で撮影する場合はほとんどオートしか使いません。ただ、蛍光灯や白熱灯を使った室内で撮影した場合、かなり色かぶりをしてしまうため、色かぶりを防ぎたい場合は注意が必要になります。白熱灯の場合は逆に雰囲気がでることもありそこまで気にかけませんが、蛍光灯の色かぶりは変な緑がかぶるため、私は結構気を使って撮影しています。

色温度を変えることで、表現力がアップする!

では、常に白い物を白く表現した写真がいい写真かというと、そうとも言えません。参考画像を使って見てみましょう。
適正のホワイトバランスで撮影した写真も奇麗ですが、あえて赤みを強くした写真の方がこの場合、雰囲気が出ると思いませんか?この辺りになってくると、好みや表現の世界になってくるため、一概に何が正しいとは言えませんが、ホワイトバランスをいじるだけで今までとは一風変わった雰囲気の写真が撮れるようになります。

何を表現したいのかを考えよう!

ここまでホワイトバランスの基礎についてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?
ホワイトバランスは物撮りの時などは特に大事になってきます。ネット通販販売をされている方は、その商品の色味を正しく表示することが求められます。そういった方は、カメラのモニター上で確認するのではなく、ヒストグラムを使って商品の色味がきちんと表現できているか確認しましょう。

また作品を撮る場合は、むやみやたらに色味を変えるのではなく、何を表現したいのかを意識しましょう。例えば、暖かい家族の情景を表現したいのであれば、やや赤みを強くしてあげたり、雪国の厳しい寒さを伝えたいのであれば青を少し強くしてみたり…。そうすることで、よりいい写真に近づくことができるようになります。

青を強くして、新緑のさわやかさを表現した。

青を強くして、新緑のさわやかさを表現した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

*