レンズフードって意味あるの?みんなが絶対に使う理由とは。その効果と役割を学ぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
レンズフードの使い方

みなさんレンズフードって使っていますか?街を歩いていると、レンズフードをつけないままカメラを持ち歩いている人は意外と多いですよね。
今回はなぜレンズフードが必要なのか?そしてその役割とは何なのかについて書いていきます!

レンズフードの3つの役割

レンズフードには大きく分けて3つの役割があります。

① レンズを保護してくれる

レンズフードはレンズを守るという役目を持ちます。例えば接写で撮影する場合、撮影に夢中になっていると、ついレンズを被写体にぶつけてしまうことがあります。そんな時にレンズフードが付いていれば、レンズの表面を傷つけることを防ぐことができるのです。
また雨の時にもレンズフードは力を発揮します。完全に防ぐことはできませんが、多少の雨であればフードが傘の役割をして、レンズの雨濡れを防いでくれる効果もあります。

② フレアやゴーストを防いでくれる

フレアやゴーストというのはレンズ内に強い光が入ることで、コントラストの低い白っぽい写真になってしまったり、光の玉のようなものが映り込んでしまったりする現象のことです。逆光で撮影するときによく起こる現象なのですが、レンズフードはフレアやゴーストという現象を防いでくれる効果があります。

左側の白っぽくなっている部分がフレア

左側の白っぽくなっている部分がフレア


上の方に出ている光の輪のようなものがゴーストと呼ばれるもの。

上の方に出ている光の輪のようなものがゴーストと呼ばれるもの。

フードはレンズ内に必要以上の光を取り込ませない効果があるので、装着しているとこれらの現象が起きにくくなります。ただ直接太陽やライトをレンズ内に捕らえると、フードをつけていようがフレアやゴーストは起きてしまうので注意しましょう。

③ ガラスの映り込みを防いでくれる

展望台などにのぼるとガラス越しに街並みを撮りたくものですが、こんな時でもレンズフードが役に立ちます。普通に撮ると自分や周りのものがガラスに映り込んでしまいますが、レンズフードをつけてガラスに密着させて撮影することで映り込みを防ぐことができます。この場合、花型のレンズフードだと隙間が生まれて完全に防ぐことはできませんが、筒型やラバータイプのレンズフードであれば、ガラスに密着させて撮影できるので映り込みを完全にシャットアウトできます。

レンズフードの種類

ひとえにレンズフードと言っても、筒型、花型、ラバー、金属製などと色々な種類がありそれぞれに特徴があります。

① 筒型

筒型フードは丸い円柱のような形をしたフードのことを指します。筒型フードは望遠レンズにつく傾向にあります。

② 花型

花型レンズフード

花型レンズフード

みんなの憧れ、花型フードですね。この花型と呼ばれるフードはチューリップのように花のような形をしていることから、花型と呼ばれます。みんなが言うほど、花型ってかっこいいかなぁ…?こちらは広角レンズにつくことが多いですね。

③ ラバータイプ

ラバータイプ

ラバータイプ

ラバータイプとは、ゴムでできたフードのことです。フィルムカメラの頃に使っている人が結構いた気がしますが、最近はあまり見ないですね。ラバータイプは、ガラスの映り込みを防ぐのに向いていたり、折りたたんで収納できたりするので、個人的には結構気に入っています。

こんなにコンパクトに収納できる!

こんなにコンパクトに収納できる!

Kenko ラバーフード 58mm ネジ込みタイプ 標準・望遠レンズ対応 3段伸縮式

④ 金属製

金属製のレンズフード

金属製のレンズフード

金属製のフードはその名の通り、金属でできたフードのことです。カールツァイスはこの金属製のレンズフードを使っています。一般的なプラスチックのフードよりも金属製の方が耐久性が強い一方、その分少し重くなりますね。筒型のものや、広角用にドーム型に広がっているものもあったりといろんなレンズに対応したものがあります。

上にも書いたように、基本的には、望遠レンズの場合は筒型、広角レンズは花型と呼ばれるものが多くつく傾向があります。望遠には花型がつくこともありますが、逆に広角レンズに筒型がつくことはほぼありません。広角レンズに筒型をつけてしまうとケラレ(写真の端っこにレンズフードやその影が映り込み欠けてしまうこと)の原因となってしまうので、広角には花型のフードが必要になるのです。

四隅の黒い部分がケラレと呼ばれる現象。

四隅の黒い部分がケラレと呼ばれる現象。

フードはそれぞれのレンズにおいて最も効率良く光を切ることのできるように設計されているので、基本的には最初についてきたレンズフードを使うようにしましょう。

ちなみに、レンズフードはなくしたり壊れたりしてもビックカメラやヨドバシなどでも個別に購入することができます。それぞれのレンズにあったサイズのものがありますので、自分のレンズの口径などをしっかり押さえた上で、お店に足を運びましょう。(サイズが合っていないと、すぐにポロっと取れたりそもそも装着できなかったりしますよ)

レンズフードのつけ方、外し方

レンズフードのつけ方は全然難しくありません。
キャノンの場合ですと、レンズフードとレンズ側に赤い丸印がついていますので、その赤い印が合うようにフードを合わせます。

レンズとフードの赤い丸の部分を合わせる。

レンズとフードの赤い丸の部分を合わせる。

赤い印を合わせたら、そのまま時計回りに回転、カチッとなったら装着完了。

カチッとなるまで回す。

カチッとなるまで回す。

また金属製やラバータイプのものに多いのですが、ねじ込み式というものもあります。このタイプの場合は、レンズのフィルターをつける部分にフードをねじ込むようにして装着します。フィルターを装着するときと全く同じ要領なので簡単に付けられるかと思います。

ちなみに私はレンズフードはあまり取り外ししないようにしています。

というのも、あまり頻繁に取り外ししていると、フードのネジの部分が磨り減って緩くなったしまうからです。緩くなると撮影中に取れてしまったり、カタカタなってしまうので、取り外ししなくてもカバンに入るのであれば、そのまま入れるようにしています。

私がレンズフードをつける最大の理由

さて、ここまでレンズフードの意味や効果について書いていきましたが、何となく必要性が伝わってきましたでしょうか?

基本的にはレンズフードの効果というのは上に書いたもので全部なのですが、もう一つ私がレンズフードをつける理由があります。それは…レンズフードをつけないとカッコ悪いからです!(笑)

カメラをある程度やっている人であれば、レンズフードの必要性は十分に分かっているはずなので、よっぽどの理由がない限りは外したりしません。ですので、レンズフードをしていない人を見ると「あの人初心者なんだな」と思われることは良くあります。別にそんなの気にしないよ、という人はいいかもしれませんが、私はどうしても周りの目が気になってしまうので、レンズフードをつけないまま撮影するということはほぼないです。

そんなちっちゃな理由が、私がレンズフードを必ず付ける最大の理由でした(笑)でも同じ考えの人、意外と多いんじゃないかなぁ…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

*