周辺減光(ビネット)を使って雰囲気のある写真へ大変身!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
周辺減光とは?

写真用語で周辺減光(周辺光量落ち)という言葉を聞いたことはありますか?
周辺減光とは写真の中心部よりも、周辺が暗く落ちてしまうことを指します。一般的には避けられる現象である一方で、これを上手く使うと一味違った写真に仕上げることができるので、ビネットとも呼ばれるこのテクニックを覚えておきましょう!

周辺減光の原因って何?

周辺減光は上でも書いた通り、写真の中心部よりも周辺の光量が落ちてしまう現象のことを言います。レンズに入ってくる光はまっすぐだけでなく、様々な角度からも入ってきます。その際、斜めから入ってくる光はレンズの縁や鏡筒で遮られるため、中心部よりも光量が落ちてしまいます。レンズの中心部はまっすぐ光が入ってきますが、周辺部は斜めからしか光が入りらないため、写真の周辺が暗くなってしまうのです。

周辺減光は特に広角の開放で撮影した時に発生しやすく、これを解消するための手っ取り早い解決方法としては、F値を絞ることが挙げられます。また最近では、周辺減光を補正してれるカメラも多いので、それでも多少は解消できます。さらに言えば、撮影後のレタッチ作業でもLightroomやPhotoshopでも簡単に補正できるので、気になる方はやってみましょう。

ちなみに、フルサイズよりもAPS-Cやフォーサーズ機の方が周辺減光は起きにくい傾向にあります。

周辺減光は嫌う人も多いですが、私はさほど気にしません。むしろ周辺減光を意図的に使うことで雰囲気のある写真に仕上げることができるのです。

ビネットは写真にムードを与える

この周辺減光ですが、皆さんも実際スマホなどでよく使っています。いま流行りのインスタグラムなどの写真アプリにはアートフィルターというものが付いていますよね。そのフィルターには周辺減光を使ったものが多くあります。
周辺減光はビネットという名前で呼ばれ、写真補正ではごく一般的に使われるテクニックなのです。

ビネットとは本来「装飾的なフレーム」の意味を持つそうです。要はビネットを使うと写真が額に入っているようなムードが出るということです。
ビネットを使用すると、周辺が暗く落ちて写真の主体が何かがわかりやすくなったり、トイカメラや昔のカメラのようなレトロな雰囲気の写真に仕上げることができます。ビネットは、撮影時に無理につけるようなことはせずに、Photoshopなどの後処理でつけるといいですよ。

写真にビネットをつけてみよう。

では実際にビネットを使うと写真がどれほど変わるのか、ビネットの有無で写真を見てみましょう。

ビネット前

ビネット前

これにPhotoshopを使ってビネット効果を入れてみます。RawデータをPhotoshopで開くとCameraRawが立ち上がると思いますが、CameraRawを使えば簡単にビネット効果を入れることができます。まずCameraRawで写真を開くとこんな感じ。

ビネット前

ビネット前

CameraRawを開いたら、画像の赤丸のバーを部分を左方向に動かすだけでビネット効果が得られます。

ビネット後

ビネット後


とても簡単ですよね。ちなみにこのバーを逆に動かすと、周辺減光を補正することができます。

CameraRawを使わずにPhotoshopだけでも同じような効果をつける方法はいくつかあります。例えばトーンカーブとマスクを使った方法。
例えばこちらの写真。
ビネットの使い方
まずトーンカーブを選択して、露出を低くします。

トーンカーブで全体の露出を低くする。

トーンカーブで全体の露出を低くする。


次にトーンカーブのマスクを選択した上で、消しゴムで中心部を消していくと…

マスクを選択した上で消さないと、画像自体が消えてしまうので注意!

マスクを選択した上で消さないと、画像自体が消えてしまうので注意!

周辺減光と同じような効果を出すことができました。この時大事なのが、消しゴムの硬さをなるべく弱くしておくことです。消しゴムの硬さが強い状態のまま消すと、トーンカーブのマスクの境界線がくっきりしてしまうためです。
この他にも焼き込みツールで周辺だけ焼き込むなど、方法は幾つかありますが、自分のやりやすいと思い方法でやるといいと思います。

ビネットが向かいない写真もある

このビネット、効果を入れるだけで写真に雰囲気が出るのですぐに使いたくなるのですが、これが向いていない写真もあります。例えば赤ちゃんの写真などは周辺減光させることで重厚感が出てしまって、本来の良さを軽減させてしまいかねません。
このように、周辺減光にも使いどきがあるということを理解しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

*