測光モードの違いがマルっと分かる!シーンごとの使い分けを学ぼう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
測光モードを変えるだけで写真の写りが変わる

私が一眼レフを使い初めたばかりの頃は、謎の言葉が多くてとりあえずほったらかしにしていた機能がいくつかあります。その一つが測光モードです。
測光モードは写真の露出に大きく関わる大事なポイントですので、覚えておけば写真が暗すぎる、もしくは明るすぎてしまうといった類いの失敗を大幅に減らすことができるようになります!

カメラの中の露出計が写真の明るさを判断している。

まず測光自体の説明をしていきます。測光とはその言葉通り、光の量を測る機能のことです。昔のカメラでは、露出計と呼ばれるもので写真の明るさを測ってから、適正のシャッタースピードや絞りを設定して写真を撮っていました。デジタルカメラの中には露出計にあたる機能があり、そこで適正の明るさをカメラ側で自動的に判断して写真を撮ってくれます。デジタルカメラのオート撮影は測光機能があるからこそ可能になった技術なのです。

測光モードの違いは光を測る範囲にある

測光機能が写真の明るさを判断してくれる機能だということは分かりましたね?しかし、測光モードの設定を開くといろいろなマークの測光機能があります。これらの違いとは何なのでしょうか?
簡単にいうと、測光モードの違いは測光する範囲にあります。つまり写真の一部分だけを測光するのか、もしくは写真の全体を測光するのかによって選ぶ測光モードが変わってきます。言葉だけで説明してもイメージが湧かないと思いますので、実際の写真も見ながら具体的なモードの違いをみていきましょう。(緑色の線の内側が測光される範囲。)

評価測光モード(メーカーによってマルチパターン測光や多分割測光とも言う)

評価測光のマーク

評価測光のマーク

評価測光モードは写真全体の露出を計算して適正露出を出してくれる、比較的どんなシーンでも対応できる初心者の方でも使いやすいモードです。あまり陰影の強くない、露出が全体的に均一で安定しているシーンで使うと便利なモードになります。
ただしコントラストが強い場面での撮影では、明るすぎてしまったり、逆に暗くなりすぎてしまったりと、調整が利きづらいという難点もなります。

評価測光モード。逆光でもある程度明るく撮れた。

評価測光モード。逆光でもある程度明るく撮れた。

中央重点測光

中央重点測光のマーク

中央重点測光のマーク

評価測光モードとは違い、写真の中央付近に重点を置いて露出を計算してくれる測光モードです。ですので、自分が適正露出で撮りたい被写体がファインダーの中心にいる時に使うと便利です。逆光にも対応できますが、メインの被写体が小さいと逆光の光を拾ってしまい、暗くなってしまうことがありますので注意が必要です。また中央を中心に適正露出を出してくれるので、被写体が端にいる時などは向いていません。

中央重点測光。松ぼっくりが暗くなってしまった。

中央重点測光。松ぼっくりが暗くなってしまった。

スポット測光(部分測光)

スポット測光のマーク

スポット測光のマーク

写真のごく一部の狭い範囲だけを測光し、その他の部分の露出は無視して撮影してくれます。レンズから2℃くらいの範囲しかカバーしないため、本当にピンポイントで露出が欲しい時にしか使えません。逆光撮影では、評価測光よりも明るく補正して撮影できるため逆光撮影に向いています。またマクロレンズでの撮影では、周りの草木の影等でコントラストが強い場合が多く、広い範囲で測光するとポイントで抑えたい被写体の適正露出が出せないことがあるため、スポット測光が向いています。

ちなみに、iPhoneでもこのスポット測光に近い機能があるって知ってますか?iPhoneで写真を撮る時に、逆光で被写体が暗くなってしまう場合、暗くなってしまっている人の顔の部分をタップしてみてください。すると逆光でもiPhoneが明るく調整してくれます。スポットほど小さい範囲ではないですが、まさにスポット測光と同じような機能ですよね!

スポット測光。逆光でもかなり明るく撮れた。

スポット測光。逆光でもかなり明るく撮れた。

以上3つの測光方式の特徴と、写真結果の比較をしてきましたが、個人的には上の3枚の中では評価測光が一番適正に近いかなぁと感じています。スポットはちょっと飛び過ぎ…。ただ、何を撮影するか、またどんな写真を撮りたいかによって適正露出は変わりますので、一概にどれが適正とは言い切れません。
今回は松ぼっくりが被写体だったので評価測光が適正のように感じましたが、例えばこの被写体が人物だった場合、評価測光だと逆に少し暗い感じがするので、スポットくらい明るい方がいいのではないでしょうか。
このように、その時々によって適正露出は違うので、測光で出た露出はあくまでも目安程度と考えておいた方がいいですね。そこから露出補正を加えて、自分の出したい露出に設定しましょう。

あえてアンダー気味に撮ってハイライトを強調した写真に仕上げた。

あえてアンダー気味に撮ってハイライトを強調した写真に仕上げた。


今度はハイキーにしてふんわりとした雰囲気に仕上げた。このようにどんな表現をしたいかによって適正露出は変わる。

今度はハイキーにしてふんわりとした雰囲気に仕上げた。このようにどんな表現をしたいかによって適正露出は変わる。

白い物と黒い物では露出が変わる

測光において一つ注意しておかなくてはいけないことがあります。まずは下の写真を見てください。

白い背景で撮影。白がかなり暗く撮影され、灰色になっている。

白い背景で撮影。白がかなり暗く撮影され、灰色になっている。

黒い背景で撮影。黒背景がかなり明るく撮影され、灰色になっている。

黒い背景で撮影。黒背景がかなり明るく撮影され、灰色になっている。

この写真は、白い背景と黒い背景との2パターンで撮影した画像です。見て分かるように、白い写真は暗く、黒い背景では明るく露出が設定されています。実は、写真では被写体の色によって露出が左右されることがあるのです。
人間の目は優秀なので、白い物や黒い物を見ても平均的な明るさで見ることができます。しかしカメラは人間の目ほど優秀ではないため、白い物は明るすぎる、黒い物は暗すぎると判断されてしまい、見た目よりも明るくしてしまったり、暗くしてしまったりするのです。カメラは、18%グレーを基準として露出を測りますので、白い物を撮った場合は暗く灰色に、黒い物を撮った場合は明るく補正して灰色に近づけようとする傾向があります。

白い板を撮影したら、こんなにも暗くなった。

白い板を撮影したら、こんなにも暗くなった。

ですので、例えば白い背景の前で花を撮影する場合、評価測光を使うとカメラは明るすぎると判断して、花まで暗い写真に仕上げてしまいます。そのような場合は、スポット測光で花だけの適正露出を測ってから撮影するか、露出補正で+補正してあげると、見た目に近い露出の写真が撮りやすくなります。

こんな時はどのモードを使うといい?

それでは実際の写真を見ながら、どんな写真がどの測光モードが向いているのか考えてみましょう。

この写真は全体的に露出が安定している写真なので、評価測光で撮るのが無難でしょう。

蓮

こちらの写真は蓮の花の光が透過している部分でスポット測光して撮影しました。花以外がアンダーになり、蓮の花がより強調された写真に仕上がりました。

猫

こちらの写真はメインの被写体がど真ん中にきており、光が比較的まわっている状態だったので中央重点測光で撮影しました。猫くんかわいいですね。

逆光シルエット

こちらの写真はステージのハイライトをスポットで測光して、逆光を活かした撮影をしました。逆光で暗くなった部分を明るく起こすのではなく、逆に利用して人物のシルエットを浮き出させた写真に仕上げました。

まずはそれぞれの測光モードの特徴をつかもう!

途中で書いたように結局は自分がどんな写真を撮りたいかによって、どの測光モードが正しいのかは違ってきます。実際のところ評価測光モードにしていればほとんどの状況で対応できるのですが、まずは自分で色んな状況で全ての測光モードを試してみましょう。慣れてくればどんな状況でもすぐにどの測光モードが適しているかが判断できるようになり、自分の写真表現のための測光モードを選べるようになってくるでしょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

*