カメラ初心者レンズの選び方。ポイントは焦点距離とF値(絞り)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
単焦点レンズの特徴と使い方

デジタル一眼レフデビューをするにあたって、まず必要なのはカメラ本体はもちろんですが、レンズも必須ですよね。ただ世の中にはレンズが星の数ほど出ていて、初めはどれを選べばいいか分からないという方もいらっしゃると思います。今回はそんな初心者の方向けに、基本的なレンズの選び方をお教えします!

各メーカーによってレンズは違うので注意!

まず初めにレンズの超基本の基本について一応書いておきますと、一眼レフのレンズはメーカーによって違います。例えばボディはキャノンを買ったけど、レンズはニコンを使うということは基本的にできません。レンズメーカーのジグマやタムロンも、キャノン用とニコン用でそれぞれ違うレンズを出しています。これはカメラメーカーによってカメラの設計が違うためです。当然マウント部分(レンズ装着部分のこと)の形も違いますし、フランジバック(マウントからイメージセンサーまでの距離のこと)の長さも違います。ですので、ニコンのボディを買ったらニコンのレンズを(もしくはニコンマウントのレンズ)、キャノンのボディを買ったらキャノンのレンズ(もしくはキャノンマウントのレンズ)を使うというのが基本です。

補足ですが、フランジバックの長さの違いにより、ニコンのボディにキャノンのレンズをつけることはできませんが、キャノンのボディにニコンのレンズを…ということであれば、絶対に無理というわけでありません。マウントアダプタというものを購入して装着することは可能です。しかしマウントアダプタを装着しても、電機接点の連動機能が全く違いますのでオートフォーカスはもちろんできなくなりますし、自動絞り機能も動きません。当然暗くなりますし、画質も落ちます。正直メリットよりもデメリットの方が圧倒的に多く、おすすめはできません。

ちなみに例外として、オリンパスとパナソニックのマイクロフォーサーズ(センサーサイズの種類の一種)のミラーレス機であれば、同じ規格で製造されているためレンズを交換して使うことができます。

カメラのセンサーサイズによって使えるレンズも違う

こちらも基本的な話ですが、デジタルカメラはカメラのセンサーサイズ(撮像素子)で種類分けされており、どのセンサーサイズを使っているかによって使えるレンズも変わってきます。レンズを購入する前に、自分が使っているカメラがどのサイズなのかを必ず調べておきましょう。

レンズ購入時に見るべきポイントは焦点距離とF値(絞り)にあり!

基本的にレンズを選ぶ時に見るべきポイントは、焦点距離F値の2つです。ではそれぞれ何のことを言っているのでしょうか?

焦点距離は写真の画角を決める

まず焦点距離ですが、こちらはレンズの長さのことを言っています。

緑の輪で囲まれている部分が焦点距離。このレンズの場合は24-105mm。

緑の輪で囲まれている部分が焦点距離。このレンズの場合は24-105mm。

この長さにより、広角(引き)で撮れるか望遠(アップ)で撮れるかの画角が決まってきます。(画角とは簡単にいうと、写真の映る範囲のことを言います。)レンズの焦点距離はざっくり分けると広角・標準・望遠の3つに大きく分類され、大体広角レンズは〜35mm、標準レンズは50mm、望遠レンズは85〜mmを目安に分類されます。(超広角とか中望遠とか超望遠とか色々ありますが、ここでは分かりやすくするために省きます。)ただし、こちらはフルサイズの場合ですので、APS-C使用の方は、この数値÷1.5して考えてください。ですので、APS-C機の場合だと…
50÷1.5=33.3333…なので、大体35mmがASP-C機の標準レンズになりますね。

シチュエーションごとの焦点距離の選び方。

では、どんな時にどの長さのレンズを選べばいいのでしょうか?以下に私が独断と偏見で、シチュエーションごとに使いやすいレンズの焦点距離をまとめてみたので参考にしてください。(※下記の焦点距離は全てフルサイズ35mm換算で書いています。)

シチュエーション① 風景

風景写真は、絶対に広角レンズですね。広角レンズを使うことで風景のダイナミックさを表現できますし、長いレンズだと映せる範囲が狭くなってしまうのでもったいないです。大体〜35mmくらい引けるレンズだと風景では使いやすいですね。

広角レンズで撮影。

広角レンズで撮影。

シチュエーション② ポートレート

ポートレート撮影の場合は85mmがベストだと言われています。85mmは中望遠という括りのレンズになります。85mmで撮影すれば広角で撮影した時のような歪みは出ませんし、近づきすぎず、離れすぎずで撮影できるため被写体に威圧感を与えずに撮影できます。また、人間の目はレンズで言うところの50mmで見えていると言われています。その50mmに対して、あれ?いつも見ている風景とちょっと違うなと感じさせ、より魅力的に写真を見せることができるのが85mmなのです。ただ、最初から85mmだけで撮影するのは大変なので、50〜200mmくらいの範囲のズームレンズがあると便利ですね。

シチュエーション③ 花

花はいろいろな撮り方がありますが、基本的にグッと寄って撮るとより美しさが表現できます。ですので50mm以上のレンズがあるといいですね。私は花の撮影の時はよく望遠レンズでグッと寄りつつ、後ろを思いっきりボカして撮影したりします。また花や虫等の撮影にはマクロレンズというレンズが有効です。マクロレンズは普通のレンズより最短撮影距離が短いため、より近くに寄って撮影できることや、被写体を拡大して見せることができます。

カメラ初心者レンズの選び方

シチュエーション④ スポーツ

スポーツを撮影する場合、基本的に選手の近くまで寄って撮影することはできないので超望遠レンズが必要になってきます。私はスポーツの写真は撮らないのですが、スポーツをやってる方は200〜500mmくらいのレンズを使っていることが多いですね。ただ、子どもの運動会の撮影を想定した場合、そんなにガチな機材はいらないですし、どちらかというと運動会全体の雰囲気も映したいので、24〜200mmくらいの範囲のレンズがあるといいですね。広角レンズと望遠レンズの2本を揃えておくととても便利です。

シチュエーション⑤ オールマイティ

最後にオールマイティのレンズを紹介します。そんなレンズ存在しないのですが、割とどんな撮影でも対応しやすいレンズというのがあって、それがキャノンの24-105mmのレンズになります。これ一本あれば、広角から望遠までカバーしてくれるため、風景もポートレートも、そして物撮りもそこそこ撮れますね。旅行に行く時などは、非常に重宝するレンズです。プロの方でも使っている人が多く人気があります。こちらの焦点距離のレンズはシグマからも発売されています。
キャノン24-105mm
ジグマ24-105mm

F値(絞り)は明るさを決める

よく写真好きの人たちがレンズを語る時に、明るいレンズ暗いレンズということがありますが、それはレンズの開放F値のことを言っています。おそらくF値に関しては皆さんご存知だと思いますので、ここでは説明を省きますが、もし詳しく知りたいという方がいらっしゃれば過去の記事をご参照ください。

撮影のときF値は数字が少ないほど明るくなり、大きくなるほど暗くなりますが、レンズの表記でも同じで、F値が小さいレンズほど明るいレンズだと言えます。よく大口径レンズという言葉を聞きますが、この開放F値の明るいレンズのことを指します。個人的にはF4がギリギリのラインで、それよりも暗いレンズは購入しません。ただ、基本的には明るいレンズであればあるほど高価になるので、自分の予算と見比べて折り合いをつける必要があります。

レンズの商品表記の読み方

店頭でレンズを見ていると、よく「EF16-35mm F2.8 Ⅱ USM」などと言った表記を見ることがあると思います。これは一体どういう意味なのでしょうか?読み解いていきましょう。
では、まずは上で挙げた例を元に読み解いていきます。

キャノン編

レンズの表記の見方
焦点距離と最大開放値に関しては大丈夫だと思いますが、その他新しい言葉について簡単に説明します。

EF…EFとはキャノンのEOSシリーズのレンズのことを表します。ですので、EFから始まるレンズは全てキャノンだと思ってください。

…こちらはレンズのバージョンを表しています。カメラのボディが5DmarkⅡからmarkⅢへとバージョンアップするようにレンズもバージョンアップします。その初期と後続機とを区別するために、この表記がつけられます。

USM…これはウルトラソニックモーターの略で、超音波モーターのことを表します。超音波振動でモーターを動かしてピント合わせをする機能のことです。非常に静かで、高速にピントを合わせることができます。

もう一つキャノンから。
レンズの表記の見方
EF-S…先ほどEFがキャノンのレンズだと書いたように、こちらも多分に漏れずキャノンレンズです。EFとの違いは、センサーサイズの違いです。EFはフルサイズ、EF-SはAPS-C用のレンズになります。EF-Sレンズをフルサイズ機につけることはできませんが、EFのレンズはAPS-Cに装着することが可能です。

IS…手振れ補正機構のことです。レンズ内で手ぶれを補正してくれます。辺りが薄暗くなってシャッタースピードを遅くせざるを得ない時など、この機能がついているのとないのでは結構違います。

STM…ステッピングモーターの略です。USMは静かで高速ピントが特徴ですが、高価になりがちです。一方でSTMはピントのスピードはUSMには劣るものの、USMよりも値段を抑えられます。しかしUSMに比べるとスピードが遅いだけであって、STMでも十分なピントスピードだといえます。STMのメリットとしては、動画撮影の時にレンズのモーター音が鳴らないことです。USMはどうしてもモーター音が入ってしまい、音を別録りしなくては使えないので…。

また、ここでは紹介しませんでしたが、キャノンのレンズに時々「L」の表記があることがありますが、これは「Luxury」の意味で、高級レンズを表します。その名の通りお値段はかなり張りますが、明るくAF性能が高いなどの魅力があります。スポーツの時によく見る白筒レンズもその一種です。ただ、Lレンズなら無条件で素晴らしいレンズというわけではないので注意してください。

ニコン編

メーカーによって、レンズの表記も変わってきます。今度はニコンの場合を見てみましょう。

Nikonレンズ表記の見方
こちらも焦点距離と絞りはもう説明する必要はないと思いますので、割愛させて頂きます。

AF-S…こちらはキャノンで出てきたUSMのニコン版ですね。超音波モーターのことを表します。AFタイプのものもありますが、AF-Sがレンズ内にモーターを駆動するのに対し、AFタイプはボディ側のモーターを駆動してピントを合わせます。

NIKKOR…ニッコールと読みます。ニッコールはニコンの旧社名で、ニコンのレンズはこのNIKKORがつきます。ちなみに、ニコンはフィルム時代からFマウントというマウントを一貫して使用しているため、フィルム時代のレンズをデジタル一眼レフでも使用することができます。使えるレンズの幅が広いのは楽しみの一つですね!

G…Gタイプの絞りレンズです。Gタイプとは、カメラ本体内で絞りを調整することのできるレンズです。それに対してレンズ側に絞り調整リングがついているのがDタイプというものです。こちらはカメラ本体ではなく、レンズの方で絞りを設定します。個人的にはこっちのタイプの方がかっこいいし、写真撮ってるな〜という感じがして好みです。ニコンの単焦点レンズによくあります。
どちらも距離エンコーダー内蔵のため、被写体までの距離を計算して高度なフラッシュの制御をすることができます。

緑の輪で囲まれた部分が、絞りリング。ここでF値を変えられる。現在F5.6に設定している。

緑の輪で囲まれた部分が、絞りリング。ここでF値を変えられる。現在F5.6に設定している。

VR…キャノンのISと同じく、手ぶれ防止機構です。

自分が撮るシチュエーションを思い浮かべながらレンズを選ぼう!

さて、レンズの基本的な情報を書きましたが、なんとなく何を見てレンズを選べばいいか分かってきましたでしょうか?レンズを買う前に、自分がいったいどんな写真を撮るつもりなのか?をはっきりさせた上で購入しましょう!
ちなみに僕の場合はスナップ写真が撮りたかったので、最初は50mmの単焦点レンズを購入しました。単焦点レンズは自分の足を動かして近寄ったり離れたりしないと、撮りたい画角の写真が撮れないので、とても写真の勉強になりました。特に何を撮りたいというのが決まっていない人は、50mmの単焦点レンズから初めてみるのも手ですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

*