【一眼レフ初心者講座】F値(絞り)って何?背景をボカした写真の撮り方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カメラを始めた人にとって最初に立ちはだかる壁の一つがF値やシャッタースピードという言葉ではないでしょうか?
写真は何かと専門用語が多すぎる…と心折れそうなそこのあなた!
大丈夫です、とても簡単です。そして、その簡単な言葉の意味と理屈さえ覚えてしまえば、誰でも簡単に背景をボカした雰囲気のある写真が撮れちゃうんです!
では早速、F値とは何か解説していきます。

F値とは写真のボケ味・明るさを数値化したもののこと

写真を撮る上で欠かすことのできないF値ですが、F値とは一体なんなのでしょうか?
F値のFとはfocal、つまり焦点のことを表しています。F値を自分で設定することで、写真の焦点の合う範囲と明るさを操作することができるようになります。
結論から言ってしまうと、F値は数値が小さければ小さい程(開放という)、ボケ味が強く明るい写真になり、一方、F値の数値が大きければ大きい程(絞るという)、シャープな写りになると同時に、暗い写真になります。

F2.8(ボケ味が強く、写真も明るい)

F2.8(ボケ味が強く、写真も明るい)

F5.6(赤い飴も少しシャープに見えるようになった)

F5.6(赤い飴も少しシャープに見えるようになった)

F11(赤い飴までピントが来るようになったが写真がだいぶ暗い印象に)

F11(赤い飴までピントが来るようになったが写真がだいぶ暗い印象に)

F22(最大絞り値。ほぼ全体にピントが来たが、写真はかなり暗くなった)

F22(最大絞り値。ほぼ全体にピントが来たが、写真はかなり暗くなった)

なぜ絞りを操作すると、明るくなったり暗くなったりするのでしょうか?こちらの疑問の解説は後ほどしますが、まずは上に出てきている「開放」と「絞り」という言葉について説明します。

レンズの羽根が開いた状態が「開放」羽根を閉めることを「絞る」

レンズの中には羽根と言われる装置があり、それを開くか開かないかで明るさやボケ味を調整しています。

その羽根を最大に開いた状態が「開放」。そして羽根を閉めることを「絞る」といいます。レンズを開放状態にするとよりボケ味が強く明るい写真になり、絞るとよりシャープで暗い写真になります。
よくレンズにF2.8やF4などと書いてありますよね?あれはレンズの開放値(羽根を最大に開いた状態)のことを表しています。その開放値の数値が小さいレンズが一般的に明るいレンズと言われ、値段も高い傾向にあります。

レンズを絞るというのは、目を細めて見ているのと同じ状態

では、なぜ絞りを変えると明るくなったり暗くなったりするのでしょうか?
実際のレンズの写真を見てみましょう。

F値(絞り)って何?背景をボカした写真の撮り方。

F2.8(開放状態)

F8(開放状態からやや絞った状態)

F8(開放状態からやや絞った状態)

F22(このレンズで最大に絞った状態。レンズの穴がかなり小さくなっているのが分かる)

F22(このレンズで最大に絞った状態。レンズの穴がかなり小さくなっているのが分かる)

写真で見るように、絞りを絞れば絞るほど羽根が閉じ、レンズに入ってくる光の量が減るため、どんどんと写真が暗くなっていくのです。

よく分からないなぁと思われる方も多いかもしれませんが、この機能、実は日常生活でみなさんもよく使っています。
遠くにある物がボヤけて見にくいとき、目を細めたりしていませんか?この行為はレンズの絞りと全く同じ機能です。目を細めれば細めるほど映像はシャープになりますが、目を細めた分周囲は暗くなります。
絞りの仕組みが分かりにくくなった時は、この目の特性を思い出して頭の中を整理しましょう。(※目を細めて物を見る行為は、目に悪いらしいので気をつけましょう)

絞り優先モードで自分の好きなボケ味で撮影しよう

時に、ボケ味を強く出したいけど、あまり明るくしたくないということがありませんか?そんな時は絞り優先モードで撮影しましょう。
絞り優先モードとは、例えば自分がF4くらいのボケ味で全ての写真を撮りたいという時に、絞りだけをF4に設定してしまえば、あとはカメラが自動的にシャッタースピードを調整して、適正な明るさで写真を撮影してくれるという優れた機能です。絞り優先モードはプロでもよく使用するモードでもありますので、カメラを始める上で、必ず知っておきたいテクニックの一つですね。
絞り優先モードはキャノンではAvダイヤル、ニコンではAダイヤルに合わせると絞り優先モードに設定することができます。

開放=明るくボケる。絞る=暗くてシャープ。

これまでの話をざっくりとまとめると、
・F値は写真の明るさとボケ味を調整する機能。
・開放(F値が小さい数値)にすればする程、明るくボケ味のある写真になり、絞れば(F値が大きい数値)絞る程、シャープでくらい写真になる。
すぐにボケ味の強い写真を撮るのに必要な知識はこれだけです。もちろん更に踏み込んだ話はいくらでもありますが、まずは絞り優先モードで写真を撮ることで、ボケ味をコントロールする練習をしてみましょう。今までとはひと味違った写真が撮れるようになるはずです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメント

コメントを残す

*