日本の絶景10選。穴場から定番スポットまで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
290A2654

カメラが趣味な人であれば、旅行に行くならやっぱり写真映えする場所に行きたいですよね!
今回は個人的にカメラマン目線で写真映えすると感じた日本の絶景を10箇所紹介していきます。

定番の場所も入れつつ、個人的にみなさんにもっと知ってもらいたいと思う秘境的な穴場スポットなども入れていますので、これから撮影旅行に行かれる方の参考になると嬉しいです!

①山口県元乃隅稲荷神社

290A9597

最初に紹介するのは、今や日本の絶景スポット定番ともいえる場所になった元乃隅稲荷神社。

元乃隅稲荷神社山口県北西部に位置する赤の鳥居が立ち並ぶ美しい神社です。
つい最近まで地元の人しか知らない場所だったのですが、CNNで紹介されたことで全国で有名になりました。

鳥居が立ち並ぶといえば京都の伏見稲荷も有名ですが、元乃隅稲荷神社は海沿いに位置していることから、鳥居の赤と海の青、そして周りの緑のコントラストがよく映え、伏見稲荷とはまた一味違った絶景を楽しめます。

屋久島とは違い、ここはよく晴れた日に行くと気持ちのいい絵が撮れます。

ちなみにこの元乃隅稲荷神社の近くには、日本一美しいとも言われる角島大橋があります。
角島大橋は美しい海とまっすぐ伸びる橋が魅力の橋で、車のCMなどでも数多く使われている場所でもあります。

元乃隅稲荷神社に訪れる際には、ここもぜひ立ち寄りたい絶景の一つです。

290A9662

②屋久島の白谷雲水峡

290A1318

次に紹介するのは鹿児島県屋久島にある白谷雲水峡です。

屋久島といえば千年杉のイメージが強いですが、実は千年杉は近くまで行くことができず遠くから眺めるだけ。もちろん千年杉の価値や佇まいは素晴らしいものがありますが、写真映えという意味では少し違うかもといった印象です。

実際に屋久島の口コミを見ると、千年杉よりも白谷雲水峡の方がよかったという声を多く見ることができますし、屋久島の方にも白谷雲水峡の方がいいとオススメされました。

もし両方行く時間が取れないという方は白谷雲水峡を優先して行くことを個人的には推奨します。

白谷雲水峡は知っている方も多いかと思いますが、もののけ姫の舞台のモデルとなったとも言われる場所で、どこもかしこも苔で覆われた木々や岩岩が広がりトレッキングをしながら美しい風景を楽しめます。
白谷雲水峡のメインスポットとも言える苔むす森では、多くの人が記念写真を撮る撮影ポイントです。

白谷雲水峡では苔むす森で引き返してしまう方も多いのですが、実はその先にある太鼓岩もオススメ撮影スポットです。
ここももののけ姫のアシタカがモロの岩屋から森を眺めるシーンのモデルになっているのでは?と言われる場所で、ここから眺める屋久島の景色は絶景です!

290A1383

屋久島では月に35日雨が降ると言われるほど降水量が多いのですが、カンカンに晴れが続いている日よりも、多少緑が雨に濡れて色が深くなっているタイミングの方が写真映えします。

③福島県只見線

290A6440

撮り鉄さん方の中では有名どころではありますが、一般の方々はあまり知らない方も多いかもしれません。

只見線は桜の季節はもちろん、緑の深くなる新緑の季節、紅葉、雪の季節などどの季節に来ても美しい姿を見せてくれます。また朝早く行けば朝靄のかかった幻想的な風景の中を走る只見線が撮影できることもあるそうです。

撮影スポットはたくさんあるのですが、道の駅尾瀬街道みしま宿に隣接する展望台から撮影するのがオススメです。
何故かというと、第一に場所がわかりやすいこと、そして只見線第一橋梁と川と緑を綺麗な構図で上から狙うことができるためです。

ただし只見線までの距離が遠いので望遠レンズは必須になります。
また電車の本数が少ないので、いつどこを電車が通過するのかをあらかじめ調べておくことが重要です。

④岐阜県モネの池

290A2654

モネの池は個人的にも大好きな場所の一つです。

特に観光地化されている場所ではなくアクセスもあまり良くないのが難点ではありますが、湧き水でできていることから水の透明度が高く、その名の通りモネが描いた睡蓮の絵のようにとても美しく、眺めていると思わずため息が漏れるほど。

岐阜県には他にも白川郷をはじめとした観光スポットが数多くあり、今もっともオススメしたい都道府県の一つです。
これから旅行を予定されている方はぜひ岐阜県を検討してみてください。

⑤茨城県ひたち海浜公園

290A3965

紅葉の季節になると真っ赤なコキアが見られることで有名なひたち海浜公園。
すっきり空が晴れた日には青空とコキアの赤の美しいコントラストが楽しめます。

コキアの紅葉はだいたい10月の中旬ごろに見頃を迎えます。

4月中旬から5月上旬ごろにはネモフィラの季節になり、花壇一面ブルーで覆われる圧巻の景色が見られるそうなので、春にも足を運んでみてはいかがでしょうか?

⑥秋田県角館

290A5751

次に紹介するのは、日本有数の桜の名所としても有名な角館。
角館の桜は4月下旬ごろに見頃を迎え、約400本ものしだれ桜が私たちを迎えてくれます。

桧木内川沿いにずっと続く桜は写真映え間違いないスポットです。

また角館は桜だけではなく、江戸時代から残る武家屋敷も見所の一つで、桜で彩られた武家屋敷を撮影できる点も角館ならでは。

桜のハイシーズンには多くの人だかりができるため、写真撮影をゆっくり楽しみたい方は早朝5時くらいから行動することをオススメします。

⑦徳島県霊山寺

290A4282

徳島県霊山寺は四国八十八ヶ所霊所の第一番札所として知られるお寺です。

ここの何が素晴らしいのかというと、本堂に灯る数え切れないほどの灯籠です。
ディズニー映画のラプンツェルのワンシーンを思わせるその美しさに思わず息を飲みます。

ここに限らずですが、お寺にはお遍路やお参りを目的として来ている方が多くいらっしゃいますので、あまり写真をパシャパシャ撮って周りの方やお寺の迷惑にならないように気をつけましょう。(※私は許可をいただいた上で撮影しています)

⑧佐渡のたらい舟

290A5769

ただのジブリ好きじゃねーかと言われそうですが、またしてもジブリのモデルになったと言われる場所の一つです。
新潟県佐渡島にはたらい舟という独特な文化があり、それが『千と千尋の神隠し』のたらい舟のシーンのモデルになったと言われています。サザエさんのオープニング映像でも使われたことがあります。

佐渡島ではたらい舟を体験できる場所がいくつかありますが、オススメしたいのは矢島経島と言う場所。
矢島経島には赤い橋がかかっており、その橋とたらい舟が組み合わさった景色は他では見られない、今風にいうとインスタ映えスポットです。

私が行った時は前日まで大雨だったのでそこまで海の透明度は高くなかったのですが、天気の荒れていない日には海の底の方まで見ることができるほど海がキレイだそうですよ。

⑨岡山県倉敷美観地区

290A8990

岡山県を代表する観光地として有名な倉敷美観地区。

ここは古き良き時代の美しい日本の街並みがそのまま残っている地区で、映画のロケ地でもよく使われる場所です。

京都も美しい街並みが数多く残りますが、倉敷は京都ほど人も多くないため、ゆっくりと写真撮影を堪能することができることなどもプラスのポイントとしてランクインさせました。

私が初めて足を運んだ時にはいい意味で期待を裏切られ、とても心に残っている場所の一つです。

どこを切り取っても絵になる倉敷は、日本らしい街並みを撮りたいという方にオススメです。

⑩滋賀県天寧寺五百羅漢坐像

IMG_8391

最後は滋賀県にある天寧寺にある五百羅漢坐像。知らない方も多い、穴場スポットの一つです。

京都の三十三間堂のように、数え切れないほどの五百羅漢坐像が私たちを迎えてくれ、会いたい人の面影に必ず出会えると言われています。

また天寧寺さんは少し高台に位置してるので、彦根の街を一望することもできる気持ちのいい場所です。

彦根城もすぐ近くですので合わせて行くことをオススメします。

IMG_8411のコピー

撮影旅行に持っていくと便利な道具たち

個人的に撮影旅行に必ず持っていく道具が3つあるので紹介します。

C-PLフィルター

C-PLフィルター(偏光フィルター)は光の反射や色の深みを出すのに有効なレンズフィルターの一つです。

例えば今回紹介した場所の中でも、モネの池を撮影する時に水面の反射を防ぐために使用したり、苔むす森で苔の緑の色をより深く表現するために使用するなど、超使えるフィルターで撮影旅行の際には一番使用頻度の多いアイテムです。

これ一つ持っているだけでも写真の表現力が上がりますので超オススメです!

フィルターはレンズの口径によってサイズが違いますので、きちんと自分のレンズの口径を確認した上で購入しましょう。

Kenko PLフィルター ZX サーキュラーPL 77mm 高透過偏光膜採用 撥水・撥油コーティング フローティングフレームシステム 547724

持ち運びしやすい三脚

風景を撮影する時に三脚は必須アイテムですが、歩き回るのにあまり重かったり大きすぎる三脚を持って歩くのは辛いですよね。
そんな時に愛用しているのはコンパクトに持ち運べる軽い三脚です。

私が使っているのはSILKの旅行用三脚。三脚の性能としては特別良くはありませんが、最低限の仕事をしてくれますし持ち運びも便利でコスパがいいので使用しています。

SLIK 三脚 スプリント PRO II 3WAY BK N 4段 旅行用三脚 106518

リモコンシャッター

夜景や星空など長時間露光撮影をする時に使用しています。

特に上記のような軽い三脚を使用しているとどうしてもブレやすくなるので、リモコンシャッターでなるべくカメラに触れなくていい状態を作っておくととても便利です。

購入する際には、自分のカメラに対応しているかどうかを確認の上購入してください。

Pixel T-8/E3 2.4GHz 16チャンネル ワイヤレス シャッター リモコン コンパクト 有線と無線制御 標準ホットシュー 1/4ネジ Canon EOS 1300D 1200D 1100D 1000D 760D 750D 700D 650D 600D 550D 500D 450D 400D 350D 300D 100D 60D 70D 80Dなどに対応 100mリモートコントロール距離

日本には素晴らしい場所がまだまだたくさん!

いかがでしたでしょうか?知っている場所もあったかと思いますが、私が実際に足を運んで、写真を撮って楽しかった、感動した場所を優先的に選びました。他にもみなさんにオススメしたいスポットがまだまだたくさんありますが、また機会があればその辺りも紹介していきたいと思います!

みなさんも個人的な隠れ絶景スポットなどあればぜひ情報提供よろしくお願いします〜!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*